== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ハードボイルド ==

狼の震える夜

ウィリアム・K・クルーガー
講談社文庫
★★★★★



ミネソタの大自然を舞台に繰り広げられる熾烈なサバイバルチェイス!

【あらすじ】
ミネソタ湖畔の町を舞台にした元保安官コークのシリーズ第2弾。
コークは、消息を絶った人気女性歌手の捜索を娘の父から依頼される。
幼少時に目の前で母を殺され、心に傷を抱える彼女は、
母の故郷であるミネソタの町に戻り消息を絶ってしまった。
果たして彼女はどこへ消えたのか?
捜索に向かったコークだったが、正体不明の敵の襲撃に見舞われた。
雄大な自然を舞台に繰り広げられるサバイバルチェイス。

【読みどころとポイント】
物語は、消えた女性を捜す謎の男たちが、老いたインディアンに
過酷な尋問を加えるショッキングな場面で幕を明ける。
元保安官のコークは、カントリーレコード界の大御所から
この失踪した人気女性歌手シャイローの捜索を依頼されるのだ。

一方、シャイローの失踪後、音楽仲間の女性が他殺体で発見され
FBIも女の捜索に乗り出しコークと行動を共にすることになった。
そして他にもシャイローの行方を追う者たちが現れ
不可解な状況のまま娘の捜索行が展開することになる。

本書の読みどころは、ミネソタの厳しい冬の大自然を舞台にした
謎のスナイパーとの熾烈なサバイバルチェイスである。
コークもけっして大自然を前にひるむような柔な男ではなく
この地を熟知するアニシアナベ族の親子が先導してくれてはいるが
敵の方が2枚も3枚も上手で、同行した捜査官が一人またひとりと
スナイパーの手で倒されハラハラドキドキの緊迫した状況が続いて行く。

そしてもうひとつの魅力は何といってもタフでありながら
心優しい主人公のコークの人間像である。
超人的スーパーマンではなく妻とのわだかまりを抱えつつも
家族を愛し強く実直に生きようとする姿勢には心打たれる。

そして、彼の妻であるジョーも家庭の良き母親でありながら
有能な弁護士として今回の件においても
事件解決の重要な役回りを演じコークの行動を影で支えていく。

ミネソタの大自然の描写もダイナミックにして繊細。
やや説明過多であるものの、随所に織り込まれる地元住民との交流や、
先導をつとめるアニシアナベ族の親子の絆、
この地に伝わる伝統や風習も物語に深みを与えている。

それにしても、昔からアメリカの小説や映画では
タフで心優しい父親が家族や愛する者たちのために
必死で苦難に立ち向かって行く物語が実に多い事。
本作を読んでみても、やっぱりアメリカならではの作品だな〜とつくづく思う。

すべての闘いを終えて傷ついたコークの帰る場所が
家族の元「home」というのも素晴らしく良いではないか。
エピローグを読んだ後もしばらく頁を閉じるのが惜しくなる
そんな一冊である。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:20:52 ━ Page top ━…‥・

== ノワール ==

ハード・キャンディ

アンドリュー・ヴァクス
ハヤカワ文庫
★★★☆



ニューヨーク暗黒街に巣食う秘密教団に挑むバークの活躍と葛藤を描く第4弾


【あらすじ】
最愛のブルー・ベルの死を想いを今だ断ち切れないバークのもとへ、
旧友の女性キャンディから連絡が入った。
エルヴァイラという15歳の娘を、ある教団から救い出してほしいというのだ。
教団に赴いたバークは娘の救出に一旦は成功するものの
事の背景はそう簡単なものではなかった。
ニューヨークの裏社会を巧みに描き出したシリーズ4作目。

【読みどころとポイント】
今回もニューヨークのアンダーグラウンドでハードな闘いが展開する。
あいかわらずの大都市の裏社会のリアリティある描写が秀逸である。

今回は一流の娼婦となった幼なじみの女性からの依頼が発端。
娘の救出に向かったバークだったが、教祖はあっさりと身柄を引き渡し
逆に、自分をつけねらう暗殺者からの襲撃を防ぐための相談をバークに持ちかけるのだ。
その男は、バークが最も恐れる殺人鬼「ウェズリィ」だった。
ウェズリィもまたバークにとっては旧知の間柄なのだ。

本作はシリーズ1作目の「フラッド」、2作目の「赤毛のストレーガ」
そして3作目の「ブルー・ベル」の節目となる重要な作品である。
これまでの仕事でたまったツケにバークは決着をつけなければならない。

前作では、ある理由から仕事を外されていた盲目の戦士「音なしマックス」や、
闇の技術者であるモグ ラ、予言者のプロフェット、オカマのミシェル等、
いつものバークファミリーも総登場。その活躍もいつもに増して健在だ。

今回もミステリアスな悪女と強烈な殺し屋が登場するのだが
物語は単純な敵との闘いといった内容ではなく
ニューヨークという大都市の闇に巣食う犯罪との闘いがテーマである。

裏社会に生きながらも非常に徹する事のできないバーク。
ある時、バークはウェズリィにこう言う。
「おれはあんたになりたかったんだ」と。

物語のラスト近くにキャンディはバークにこう言う。
「あなたは弱くて、やわな男よ。けっしてハードじゃなかった。」

闇社会の悪を糾弾するスーパーヒーローでもなければ
犯罪者に徹するヒールでもないバークの心の葛藤は
これからも続いていくのだろうか…。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:03:20 ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

水の戒律

フェイ・ケラーマン
創元推理文庫
★★★☆

正統派ユダヤ教徒のコミュニティを舞台にしたサスペンスフルな作品



【あらすじ】
ロサンゼルスの山間部にある正統派ユダヤ教徒のコミュニティ。
ある夏の夜に、一件のレイプ事件が発生した。
都会の文明から離れ厳格な戒律に従って暮らす人々が住むこの村で
なぜこのような事件が起こったのか?果たして犯人はこの村の住民なのか?
ロサンゼルス市警のピーター・デッカーが現地に赴くも
ユダヤ教徒のコミュニティが持つ排他的な空気に捜査は難航する。
マカヴィティ賞最優秀処女長編賞に輝くフェイ・ケラーマンのデビュー作。

【読みどころとポイント】
1986年に発表された作品であるが、その後もシリーズは続き
読んだことのある人も多いのではないだろうか。
本作のポイントは何といっても、ユダヤ教徒のコミュニティを舞台に設定したこと。

神学校をはじめ、清めの儀式を行う「ミクヴェ(水浴場)」や、
祈りを捧げる場である「シナゴーグ」等が存在するこの村の住人たちは
ユダヤ教の掟に従って、日々ヘブライ語の聖書を読みつつましく暮らしているのだ。

事件の第一発見者であるリナ・ラザラスもまた敬虔なユダヤ教徒である。
このコミュニティ内に犯罪者がいるはずはないと信じる彼女だが
その後、不審な出来事が続き、徐々に不安を募らせて行く。
一方、捜査にあたったロサンゼルス市警のピーター・デッカーは
閉ざされたコミュニティと宗教の壁に阻まれ聞き込みもままならない。

もうひとつの読みどころは
リナ・ラザラスとピーター・デッカーの大人の恋の物語。
捜査を通じて少しずつ互いに魅かれ合っていく二人だが
敬虔なユダヤ教徒として暮らすリナは
簡単にデッカーを受け入れることができないのだ。

事件解明のメインストーリーと恋の行方のサイドストーリーが
たくみにからみあいながら物語は進んで行く。

閉ざされたコミュニティ内での事件のため
犯人の意外性という点ではもうひとつであるが
平穏だった村で徐々に高まって行くサスペンスと
プラトニックなラブストーリーのスローな盛り上がりが実に良い。

作者フェイ・ケラーマンは実に繊細な筆致で
市警の刑事と経験なユダヤ教徒の心の細やかな動きを描いている。
デビュー作ながら長編賞に輝いたのも納得の出来映え。
以降もシリーズは続いて行くので少しずつ読んでいきたいと思う。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:35:32 ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

夜明けのメイジー

ジャクリーン・ウィンスピア
ハヤカワ・ミステリ文庫
★★★★★



戦争に翻弄されつつも希望を失わず強く生きるメイジーのドラマチックな物語

【あらすじ】
1929年、ロンドンで探偵事務所を開いたメイジーの初仕事は、
ある中年男性からの依頼による妻の浮気調査だった。
メイジーは尾行を開始したが、その妻が通っていたのは墓地であった。
上流家庭のメイドから大学生、看護婦、そして探偵へと
戦争に翻弄されながらも明るく強く生きるメイジーのドラマチックな運命を描く
アガサ賞、マカヴィティ賞のダブル受賞に輝いた作品。

【読みどころとポイント】
物語の第1部は、依頼人の妻の素行調査という探偵小説のおきまりのパターン。
調査によって妻がいつも訪れていたのは墓地であることが判明するのだが
このくだりが、実にかくよく書けているのである。
墓地に足繁く通う女性の哀しみが痛いほど伝わって来る書きっぷりなのだ。

ところがこのエピソードは、はっきりした結びが無いまま一旦幕を閉じ、
第2部で時代は1910年へと遡る。メイジーはまだ13歳。
くらしの貧しかったメイジーは貴族の家にメイドとして働くことになった。
そこでの様々な人々との出会いが彼女の運命を大きく変えていく。

メイドから才を見いだされ大学生となったメイジーだったが、
ほどなく戦争が始まり看護婦へと転身。そして運命の人との出会い。
何と本書では若かりし頃のメイジーのエピソードに
実に物語の半分以上がついやされ、その間ミステリ的な要素は皆無なのである。

ところが物語はまったく飽きる事無く、途中でやめるのももどかしいくらい。
いきいきとした人間ドラマに満ちあふれているのである。
そして何よりも、メイジーの周りを固める脇役たちが良い。

メイジーの才能をいち早く見抜き勉学の機会を与えたレディ・ローワン。
メイドに嫉妬しつつも彼女を応援しているメイド仲間のイーニッド。
貧しいながらもメイジーのために必死に働き彼女を見守り続ける父フランキー。
メイジーの人生の師でもあるモーリス医師などなど。

彼ら(彼女ら)との交流のエピソードひとつひとつが実に印象的で、
物語にぐっと深みを与えているのだ。

そして第3部では、再び時代は1929年に戻り
第2部後半のエピソードが第1部の調査と有機的に結びつきながら
ミステリとしての構成を形づくってゆくのである。これには驚いた。

最後まで読み終えると、なぜ第2部で延々とメイジーの人生が書かれたのか
作者の意図とテーマがやっとそこでわかるのだ。

物語の根底にあるのは戦争の悲惨さと人生への希望である。
戦争に翻弄されつつも、けっして明るさと希望を失わないメイジーの姿は
本書に接した読者の多くに感動をもたらしているに違いない。

ラストのメイジー自身に係る挿話はとても悲しものだけれど
それでいてどこか希望の光が感じられる結びとなっている。
出会えた事を喜びたくなる、そんな素晴らしい作品である。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:00:00 ━ Page top ━…‥・

== 冒険小説 ==

仏陀の鏡への道

ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
★★★★



文化大革命後の中国を舞台に探偵ニールが悪戦苦闘するシリーズ第2弾

【あらすじ】
ヨークシャーでひっそりと生活する探偵ニールの元に
またまたやっかいな仕事が持ち込まれた。
強力な植物成長促進エキスを作り出した有能な化学者が、
中国娘に心を奪われ、行方知れずとなったらしい。
渋々ながらも仕事を引き受け、香港に飛んだニールだったが
そこには想像も出来ない苦難が待ち受けていた!
文化大革命後の混乱冷めやらぬ中国を舞台に
探偵ニールが悪戦苦闘する人気シリーズ第2弾。

【読みどころとポイント】
文化大革命後の中国を舞台にして
とにかく、よく頑張って書きました!という感じ。
文革に関わる中国の社会背景をかなり調べたものと思う。

文革後の混乱と水面下での反体制者の攻防
謎の中国美女と米国科学者の亡命、CIA職員の暗躍など
いろんなネタを複雑にからませながら
骨太のストーリーに仕上がっている。

内容も探偵小説というより冒険小説に近い仕上がり。
1作目で軽口を連発していたニール君に
これでもかという試練が襲いかかる。
魔の九龍城で軟禁されたニール君の何と哀れなことよ。

しかしながら、文革に対する実質的な認識が乏しい私としては
やや助長な背景の説明がかえって煩わしく感じられ
前作のようなスピード感が無かったのが残念。
冒険小説としての仕立てと物語のリズム感が合わないのだ。

全体的に作者の書きっぷりの苦労が行間から感じられ
もうひとつ小説にのめりこむ事が出来なかったというのが本音。

それでも、ニール君が真面目な中国人の通訳の青年に
スラングを教えて徐々に打ち解けて行くシーン等は十分笑えるし
後半の神の頂への登攀シーン等はかなり良い出来。
山岳で迫り来る敵との攻防もスリリングでよろしい。

ラストのまとめ方はやや強引さを免れない印象ではあるが
この難しい時代の中国を舞台を設定した意気込みは買いたい。
さて、次は評価も高い3作目「高く孤独な道を行け」だ。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:45:05 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。