== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 海外文学 ==

風の影

カルロス・ルイス・サフォン
集英社文庫
★★★★★☆



バルセロナの光と影を背景に謎の作家の数奇な人生を描く世界的ベストセラー

【あらすじ】
1945年のバルセロナ。霧に包まれたある夏の朝、
少年ダニエルは父に連れられ、
膨大な古書が眠る「忘れられた本の墓場」を訪れる。
そこで手に取った1冊の本『風の影』に魅せられたダニエルは
謎の作家フリアン・カラックスの過去を探求することになった。
数奇に満ちた作家の人生をたどるダニエルだったが
そこには思いもよらぬ運命が待ち受けていた。
17言語、 37カ国で翻訳出版され世界中で絶賛されたベストセラー。

【読みどころとポイント】
以前から読書好きの方々の間で絶賛されていたので
いつか読んでみたいと思っていた小説のひとつ。
噂に違わず読書の悦びを堪能できる素晴らしい物語だった。

冒頭部「忘れられた本の墓場」にダニエルを連れて来た父親が
息子にゆっくりと語りかける言葉。
「ここは神秘の場所なんだよ、ダニエル、(中略)
時の流れとともに失われた本が、この場所では永遠に生きている。」
そして一冊の本とダニエルの運命的な出会い。
この神秘的な導入部をひとたび読めば
読者は知らず知らずのうちにバルセロナの歴史舞台へと誘われてしまう。

スペインの内戦と独裁政権下の不安定な情勢の中で
謎の作家フリアンの過去を必死に探ろうとするダニエルだったが
徐々に危険が忍びより物語は思わぬ方向へ転がって行く。

ダニエルの前に突如現れる謎の怪人。
「風の影」作中の悪魔と同名を名乗るその怪人は顔が醜く焼け爛れ
カラックスの本を探し出しては次々と燃やしていくのだ。

ダニエルが想いを寄せる10歳近く年上の盲目の女性クララや
反分子を徹底的に弾圧する治安警察の悪徳刑事部長フメロ等、
とにかく脇役に至るまですべての登場人物がよく立っている。

ダニエルを支えるフェルミンの存在感がまた素晴らしい。
ブラックユーモアに満ちた彼の饒舌でスピーディーな語り口は
時に辛辣だが、とっても慈愛に満ちあふれたもの。
何度も迷い立ち止まるダニエルの背中を優しく押してくれるのだ。

近年巷に溢れる消費型のスイスイ読める小説ではない。
謎の作家の過去を洗い出すことはある意味で地道な作業。
彼の過去を知る人物一人ひとりを訪ね歩くダニエルに
じっくり時間をかけてつきあって行かなければならない。

スリリングでスピーディーな展開を好む人には不向きかもしれないが、
けっしてここで投げ出してはいけない。
この長い旅に根気よくつきあってこそ
最後に訪れる素晴らしい感動に出会えるからだ。

過去と現代を行きつ戻りつする巧みな構成はもちろんだが
カラックスをめぐる人々と、ダニエルに関わる人々を
対照し平行して描いていく手法が後半見事に結実するのである。
いやはや素晴らしい。

バルセロナの光と影の時代を背景に
傷ついた者たちの愛と葛藤、
少年期の淡い恋愛や父親との確執、
自由への渇望、権力との闘い、謎の探求と冒険…。

それまでバラバラになっていた謎の断片が
物語後半加速しながら一気に収斂していく見事さ。
小説の読みどころとなる様々な要素がこれでもかとぎこまれ
それらが渾然一体となって万華鏡の如く読者の前に展開されるのだ。

いつか私はもう一度、いやきっと幾度となく
本書を読み返すに違いない。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 12:04:32 ━ Page top ━…‥・

== 海外文学 ==

旅の終わりの音楽

エリック・フォスネス・ハンセン
新潮クレスト・ブックス
★★★★☆



豪華客船タイタニック号に乗り合わせた楽団員たちの最終楽章

【あらすじ】
沈みゆくタイタニック号の船上で、乗客のために最後まで演奏を続けた楽団員たち。
彼らはいったいどんな人生を歩みどのように運命の船に乗り合わせたのか?
タイタニック号沈没の史実に、架空の楽団員たちの運命をかけあわせ
夢破れた者たちの人生の喪失とヨーロッパ文化の没落を描いたベストセラー。

【読みどころとポイント】
さて、この感動をどのように表現したら良いのだろう。
この美しくも痛ましい喪失の物語の前には
どんな言葉も陳腐になってしまうかもしれない。

映画タイタニックが大ヒットしたのは1997年。
沈没寸前まで乗客を勇気づけるために演奏を続けていた
楽団員たちの姿を目に焼き付けている人も多いだろう。

この物語はタイタニックと共に海の底へと消えた楽団員たちをモデルに
作者のハンセンが架空の楽団員たちを想像し
かれらの人生を克明にたどったフィクションである。

豪華客船タイタニック号はヨーロッパが築き上げた
技術や文化の象徴であり人々の大いなる夢でもあった。
そういう意味でタイタニックの沈没は
急速に発展した科学技術と華やかな文化に浮かれたヨーロッパ社会に
大きな警鐘を鳴らす象徴的な出来事と言える。

そんな運命の船に乗り合わせた楽団員たちもまた、
将来を嘱望され才能がありながらも
夢破れ没落の人生を歩んだ落伍者ばかりだ。

父母の死をきっかけに人生の流転を迎える者、
才能を生かしきれず転落した音楽人生を歩む者、
ふとしたことから犯罪に手を染める者
純粋すぎる愛情ゆえに恋敵に銃を向けた者…。

皮肉にも彼らは、運命の糸をたぐり寄せられるかのように
あのタイタニック号に乗り合わせることになったのだ。
私は本書を読んで、生きていくことの難しさと素晴らしさを
あらためて考え直した。

本書を読み始めるすべての読者は
彼らがどんな結末を迎えるのかを知っている。
そして知りつつ読まなければならない。

夢破れた落伍者たちがタイタニック号で奏でる
人生最高の最終楽章をすべての人に聞いて欲しい。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:46:24 ━ Page top ━…‥・

== 海外文学 ==

停電の夜に

新潮クレスト・ブックス
ジュンパ・ラヒリ

★★★★★




インド系アメリカ移民たちの孤独と不安、夫婦の乖離を描いた珠玉の短編集


【あらすじ】
子供を死産した夫婦が停電の夜ごとに語り合う表題作をはじめ
戦地に家族を残して来た来客を見つめる少女の心のゆらぎや、
乗車した夫婦の乖離を感じひそかな夢を見るタクシー運転手の姿など、
身近な人々の微妙な距離感と孤独を
客観的かつ抑制された文章で淡々と描く。
O・ヘンリー賞やPEN/ヘミングウェイ賞など
文学賞を独占したベンガル人作家ジュンパ・ラヒリのデビュー短編集。

【読みどころとポイント】
この感覚は何だろう?これまで味わった事のない…
我々日本人の感性では予測しがたい微妙な感覚。

ジュンパ・ラヒリという作家は
カルカッタ出身の両親を持つベンガル人だ。
収録作品のほとんどにインド系移民が登場する。

異国での不安感や孤独感、夫婦間のわずかな心の隙間、
男女の目に見えぬ距離感など
人々の繊細な心のゆらぎを見事に描いている。

本作に収められたいづれの作品も
さしたるドラマチックなしかけや構成が無いにもかかわらず
ハッとする驚きや新鮮な感動を与えてくれる。

室内に置かれた小物や家具、衣装、食材などを
丁寧にカットバックで織り込みながら
日常のなにげない生活の情景に
移民の孤独、夫婦の乖離、男女の痛みをさりげなく描写する手腕は見事。

読者の予想を紙一重で少しずつかわしながら
意外な結末へと導いていく。

その才筆は美しく気品があり
それでいて情に流されない抑制された趣がある。

個人的には、インドからアメリカに移民してきた新婚夫婦を描いた
最終話の「三度目で最後の大陸」がベスト。
手の届きそうなヒューマンスケールの日常描写と
インド・アメリカ大陸間のダイナミックな構図との対比が鮮やかだ。

読後、一番大切な人にすすめたくなる一冊。





┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 22:00:00 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。