== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ミュージアム ==

ウメサオタダオ展 ー未来を探検する知の道具ー

主催:日本科学未来館、国立民族学博物館
企画監修:ウメサオタダオ展実行委員会
★★★★☆



日本の文化人類学を拓いた「知の巨人」の足跡を探求する企画展

日本科学未来館で行われていた
「ウメサオタダオ展ー未来を探検する知の道具ー」展を見て来た。

梅棹忠夫は20歳の時にカラフト(現在のサハリン)、内モンゴル等を訪れ
フィールドの状況を記録し、膨大な情報をもとに未来を鋭く予見した。

本展示会では、氏が世界各地で記録したフィールドノートや
現地の状況を克明に記録したメモやスケッチ、直筆の原稿などが展示され
「知の巨人」の足跡を興味深くたどっていける構成となっている。

脳の中の生産活動を抽出し再編集していく氏の
作業現場を再現した「知的生産の現場」コーナーや
名著「知的生産の技術」に対する読者からの手紙で構成された展示、
初代館長をつとめた国立民族学博物館での業績展示など観どころも多い。

1960年代初頭には、工業化の次に
情報をつくる情報産業時代がやってくると予見しており
現在ではあたりまえになった情報化の概念をわかりやすく論じた。

氏のカードを使った膨大な情報の蓄積と整理力、
それを俯瞰し再編集しながら独自の分析を加え
来たる未来を的確にとらえる氏の鋭い眼差しに驚嘆せざるをえない。

梅棹忠夫は失明後も口述筆記による精力的な活動を続け
著作件数は7,000点に及んだいう。

昔一度だけ恩師に伴い梅棹資料室を訪問する機会を得た。
その当時、既に梅棹先生は視力を失っておられたが
先生のお話を直接聞くことができた事は
私の人生の中でも貴重な体験となっている。

原発事故や大規模な自然災害、国際的な経済不況の波等
様々な社会不安が渦巻く混迷の時代、
本展示会を訪れた多くの方々が、梅棹忠夫の足跡の中から
未来への羅針盤を見いだすヒントを感じとったのではないだろうか。
スポンサーサイト

┃ テーマ:おすすめ! ━ ジャンル:その他

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 20:15:15 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。