== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== サスペンス ==

つなわたり

ハヤカワ文庫
ピーター・ラヴゼイ
★★★



終戦後のロンドンを舞台に対照的な二人の女性が計画する危険な交換殺人

【あらすじ】
第二次大戦が終了し、平和を取り戻したロンドンで
二人の女性が偶然の再開をした。
戦時中は空軍司令部に所属していた二人だが
現在は既に結婚して夫がいる身であった。
一人は公務員の夫を持ちつつましく生活するローズ。
もう一人は富豪の夫の財産を湯水の様に使うアントニア。
生活も性格も対照的な二人だったがひとつだけ共通点があった。
それは、今の夫がうとましく邪魔な存在であること。
そして、ある日アントニアがローズに危険な計画をもちかけた。

【読みどころとポイント】
サスペンスで昔からよく使われる「交換殺人もの」である。
代表的な作品ではパトリシア・ハイスミスの「見知らぬ乗客」があり
ヒッチコック監督の映画作品としても有名である。

交換殺人は、まず2人の人間がそれぞれに殺したい相手がいて
自分で直接手を下さずに、相手に代行して殺人をやってもらうことである。
犯罪としての利点は、自分で直接手を下さないため足がつきにくい事。
逆に課題は、各々が予定通り殺人を遂行する事である。

この交換殺人、大抵は片方が先に殺人を犯すのだが
もう一人が躊躇して殺人が決行されない事が多い。
本書もアントニアが先に殺人を決行するものの
ローズが犯行を躊躇し、そこから計画の歯車が狂ってくる。

ローズにしてみれば自分の夫の不可解な死で
警察当局や関係者の視線が気になり
アントニアからも犯行を強要されることで
ここに強烈なサスペンスが生まれるという訳だ。

この流れはまあ、王道で特に目新しいものはない。
本作のポイントは交換殺人の計画者が二人の女性だということ。
ローズとアントニアに生まれる妬みや嫉妬、嘘や裏切りが
何とも嫌〜な雰囲気を醸し出してサスペンスを盛り上げるのだ。

難点はやや結末が強引で尻切れトンボのような印象を受けること。
よくある題材だけに、ラストのオチにもう少し工夫が欲しかった。
とは言っても、1989年の作品だからまあ仕方無いか。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:01:28 ━ Page top ━…‥・

== サスペンス ==

リオノーラの肖像

ロバート・ゴダード
文春文庫(絶版)
★★★★★☆



親子2代にわたる出生の秘密と殺人事件の真相をたどるゴシック・ミステリの傑作

【あらすじ】
フランスのチエプヴァルに立つ第一次大戦行方不明者の記念碑の前に
70歳の老婦人リオノーラ・ギャロウェイは娘のピネロピを連れてきた。
長い人生をかけてようやく知りえた秘密を語り聞かせるために。
自分を生んだ直後に世を去った母。ソンムの会戦で戦死した父。
彼女が過ごしたミアンゲイト館で起こった殺人事件。
あの日に館でいったい何があったのか?
稀代のストーリーテラー、ロバート・ゴダードが贈るゴシック・ロマン。

【読みどころとポイント】
リオノーラ・ギャロウェイが物心ついた時に既に両親は他界し、
彼女はミアンゲイト館で不遇な少女時代を過ごした。
祖父の後妻であるオリヴィアからは冷たくあしらわれ
遺産も独り占めされてしまう。

そんな境遇にも負けずやっと結婚相手を見つけ
子どもにも恵まれ幸せな一歩を踏み出した矢先に
彼女の前にトム・フランクリンと名乗る一人の男が現れる。
その男は、父のジョンと戦友だったという。
彼が語りだした昔話は、長いあいだ闇に包まれていたリオノーラの
数奇な人生とミアンゲイト館で起こった事件にまつわるものだった。

本書は親子2代にわたる出生の秘密と
長い間ベールに隠されていたある殺人事件の真相を
回想形式で綴って行く重層的な物語である。

遡る時間とともに深まってゆく謎。
物語は二転三転し、ほとんどの真相が明らかになった後にも
さらに残る不可解な疑問…。
そしてラスト数ページで明かされる真実。

複雑な人間ドラマそのものを重厚なミステリにしてしまう才。
文庫で600頁以上ある物語の長さを全く感じさせない
これぞ、ゴダードの真骨頂。名人芸としか言いようがない。

デュ・モーリアの「レベッカ」のようなクラシカルなムードと
貴族の館ミアンゲイト館の醸し出すゴシックな雰囲気、
全編を漂う静かなサスペンスが見事に結晶した
ロバート・ゴダード初期の傑作である。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:53:36 ━ Page top ━…‥・

== サスペンス ==

閉じられた環

ロバート・ゴダード
講談社文庫
★★★★



歴史の運命に翻弄された者たちをサスペンスフルに描くミステリロマン

【あらすじ】
大恐慌時代の余波さめやらぬ1931年、アメリカでの失策により
這々の体で豪華客船に乗り込みイギリスへ戻る詐欺師コンビ、ガイとマックス。
船上で偶然乗り合わせた著名な投資家の娘ダイアナをカモろうと画策するが
絶世の美女を前にしたマックスは本当の恋に落ちてしまう。
2人の様子から当初の計画履行に不安を抱くガイであったが
ダイアナの父であるチャーンウッドから彼らの恋愛を阻止するように頼まれ
躊躇しつつもやむなく行動をおこしてしまう。
しかしそれは思いもかけぬ殺人劇へのプロローグだった。

【読みどころとポイント】
相手を騙そうと思った者が逆に思いも寄らぬ運命に呑み込まれ…。
名匠ロバート・ゴダードお得意の逆?巻き込まれ型サスペンス。
相変わらずのストーリーテリングで読ませる読ませる。

初期の作品に見られた重厚な謎をゆっくり紐解いていく味わいは薄れたけれど
読み始めたらやめられないサスペンスフルな展開は面白さ十分。
読者は主人公のガイと一緒に次々と訪れるトラップに翻弄される。

ガイは詐欺師としての打算とある種の冷静さを兼ね備えた男だが
相手を徹底的に不幸にするほどの非情さは無く
ユーモアと自虐を兼ね備えた実は「いい奴」なのである。
だからこそ、読者はガイに感情移入しどこかで彼を応援してしまうのだ。

ゴダードの作品はプロットが実に緻密に練られており
物語の構成自体がミステリになっているため
ストーリーをここであまり丁寧に紹介しすぎてしまうと
未読の方の興味を大きく損なってしまう。
まったくもってレビューにはいつも泣かされる。

仕方無いので少しだけ書いておくと
本作では美女ダイアナの父に隠されていた恐るべき秘密が
物語の鍵ですべての悲劇の発端なのだが
この真相自体はやや荒唐無稽と言えなくもない。

それよりも、その運命に翻弄された者たちが繰り広げる
緻密な人間ドラマが本作のミソ。
詐欺師であるガイが逆に様々な人間のエゴや打算に相対して
己を見つめ笑いそして行動を起こす清々しさ。

何度も罠におちいりながら最後にガイにおとずれる灯。
パンドラの匣の底には「希望」が残っていた。
というわけで、この手のサスペンスを書かせても
ロバート・ゴダードはやっぱりひと味違いますね。


┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:22:38 ━ Page top ━…‥・

== サスペンス ==

暗闇へのワルツ

ウィリアム・アイリッシュ
ハヤカワ・ミステリ文庫
★★★★



サスペンスの巨匠が書いた甘美なムード漂う転落へのワルツ

【あらすじ】
商社を経営するルイス・デユランドの心は浮き立っていた。
通信交際会を通じて知り合ったジュリアという女性と
幾度かの文通を経て結婚することになったのだ。
初めて会う花嫁を乗せた船を港で待っていたデュランドだったが
港に降り立ったジュリアは写真とは全くの別人で
ずっと若々しく誰もが振り返るほどの美女だった。
サスペンスの巨匠が書いたムーディーな「暗闇へのワルツ」


【読みどころとポイント】
全編に漂う甘美なムードとサスペンス。
ウィリアム・アイリッシュの手腕が見事に発揮された作品。

叔母の写真を送っていたというジュリアの言葉を信じ
結婚に踏み切ったデュランドだったが
それはまさに転落へのワルツのはじまりだった。

狂おしいほどに愛らしいジュリアとの結婚で
私生活でも薔薇色の人生を手にしたデュランドだったが
日が経つにつれジュリアの不可解な行動が目につくようになる。

何となく不自然さを感じるデュランドだったが
とどまることのないジュリアへの想いが彼を盲目にし
逃れる事の出来ない甘い罠へとはまっていく。

うまい。実にうまい。
甘美なワルツに垣間見える強烈なサスペンス。
悪女ジュリアはどこまでも美しく妖しく可愛い。

全編に漂うアイリッシュの華麗でムーディーな演出が
転落する男の悲劇をより一層際立たせ
サスペンスを強烈なものにしている。

物語の中盤にさしかかるところで
デュランドはジュリアの正体に気づくのだが
相手が悪女とわかった後でも、
自分が騙されていると知っても
デュランドは彼女につくしてしまうのだ。

いったん本書を読み始めたら
誰もがアイリッシュの華麗な罠に落ちていくだろう。
暗闇へのワルツが果たしてどのような結末を迎えるのか。
今宵は甘美で妖しい悪女の心地よさに酔って欲しい。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 23:09:23 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。