== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

ストロベリーナイト

誉田哲也
光文社文庫
★★★☆



若き女性警部補姫川玲子が、凶悪な連続殺人に挑むシリーズ第一弾!

【あらすじ】
都内の公園でビニールシートに包まれた男性の他殺体が発見された。
死体には拷問を受けたような傷跡が無数にあった。
捜査一課の若き女性警部補姫川玲子は部下とともに捜査に乗り出すが
付近の溜池から同様の別の遺体が発見され事件は思わぬ展開を見せていく。
捜査の過程で浮かび上がった謎の言葉「ストロベリーナイト」とは?
姫川玲子の颯爽とした活躍を描くシリーズ第一弾。


【読みどころとポイント】
全体的にスピーディーでテンポが良くサクサクと物語は進む。
最初から殺人者の存在は読者に明かされており
犯罪に至る経緯もそれなりに書かれているので
警察がいつ真相にたどりつくのかを期待しながら読んでいく事になる。

この物語を成功させているのは何と言っても
主人公である女性警部補、通称「姫」こと姫川玲子のキャラクターだ。
学生時代のある事件をきっかけに刑事の道を志し
常に明るく前向きにひたむきに生きる彼女の行動はすがすがしい。

過去のトラウマを抱えながらも明るくポジティブな行動家の姫川と
それを温かな目で支える部下たちのチーム力も読みどころ。
若い姫川を立てながら盛りたてていく姫川班の面々は読んでいて気持ちがいい。

一方で題材となっている犯罪は極めて陰惨でグロテスクな描写も多く
この手の描写が生理的に嫌いな読者にはとてもおすすめ出来ない。
現代社会が抱える闇をストレートに犯罪のテーマに設定しただけに
読んでいて何とも不快な気分にならざるを得ない。

全体としてミステリとしての謎解きは弱いものの
警察小説としての面では捜査のプロセスが手際良く読者に開示され
緊迫感のあるストーリーが展開される“よく出来た警察小説”である。

本庁と所轄、公安などそれぞれの立場の人間の思惑がぶつかり
熾烈な捜査のしのぎ合いが展開されるのは昨今の警察小説同様だが
それだけにどこかで読んだような印象を持たれてしまうとも言える。

殺人者が犯罪に至る背景や心理描写の書き込み不足で説得力に欠ける点や
若き女性警部補の姫川をとりまく脇役がやや類型的な点など、
課題も多いがそれでも作者の誉田哲也は上手い書き手だと思う。
若い女性を主人公にした成長小説としてはとても良いと思うので
本シリーズは今後も読んでいきたいと思っている。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 21:26:25 ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

謎解きはディナーのあとで

東川 篤哉
小学館
★★★



お嬢様新米警部と頭脳明晰な執事の掛け合いが楽しい連作ミステリ

【あらすじ】
主人公は複数の企業を傘下におさめる「宝生グループ」のお嬢様麗子。
新米警部の彼女は警察でその正体をひた隠し
出来のワルい上司にイライラをつのらせながらも現場を走り回る毎日。
しかし彼女の前には毎回のごとく難事件が立ちはだかりお手上げ状態。
麗子のお抱え運転手影山は、そんな麗子に暴言を吐きながら、
冷静な分析で事件の真相を鮮やかに推理していく。
お嬢様新米刑事と頭脳明晰な執事の掛け合いが楽しい話題の連作ミステリ。

【読みどころとポイント】
結構話題になっているようだったので興味本位で購入。
とにかくワガママで短気なお嬢様刑事麗子と、
鮮やかな推理を繰り広げる冷静沈着な執事影山の配役設定が大成功。
目を引く楽しいカバーデザインと『王様のブランチ』で紹介された事もあり
またたくまにベストセラーの仲間入りとなってしまった。

巷の読者レビューではけっこう酷評があったりするのだけれど
私はそんなに悪い作品とは思っていない。
確かに謎の設定はイージーだし重厚な人間ドラマも皆無、
各話どれも同じ構成なのでワンパターンと言えばそれまで。
本格的な推理小説や重厚なミステリを好む人には向かないかもしれない。

でもここはあまり堅苦しく考えずに
執事とお嬢様のやりとりを素直に楽しむという読み方がベストだ。

「失礼ながらお嬢様、この程度の真相がお判りにならないとは、
 お嬢様はアホで いらっしゃいますか」
「クビよ、クビ! 絶対にクビ! クビクビクビクビクビ…」
なんていう楽しい会話が毎回出て来ますから。

子どもの頃に読んだ「君も名探偵」的マンガのような筋立てで
最初にポン!と謎が提示されて、現場に不可解な点はあるのだけれど
警察の推理が行き詰まり、最後に名探偵が登場して鮮やかな推理を披露し一件落着!
そんなお決まりのなつかしさと、お嬢様&執事探偵の組み合わせで
これまでにないハイブリッド感を生み出した事がヒットの所以だ。

本作を酷評していた読者の方々も、
最後に執事の影山が明かす真相をはたしてどこまで推理出来ていただろうか。
これから読まれる方は、ぜひ最後の影山の種明かしの前に
お嬢様と一緒に楽しく謎解きに挑戦してみてくださいな!

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:13:09 ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

新参者

東野 圭吾
講談社
★★★★☆




江戸情緒が残る町の人間模様に、加賀の名推理が挑む連作短編ミステリの逸品


【あらすじ】
昔ながらの江戸情緒が感じられる日本橋小伝馬町。
この町のマンションで四十代女性の絞殺死体が発見された。
義理と人情が今も残るこの町で発生した殺人事件に
腕利きの刑事「加賀恭一郎」が挑む。
練馬署から日本橋に着任したばかりの
自称新参者の名推理が冴える連作短編ミステリー。

【読みどころとポイント】
よく出来ている連作短編ミステリーだ。
第一にミステリの舞台を小伝馬町に設定したところが良い。
この町はオフィスと小物問屋が入り込む街並みで
今も江戸情緒が感じられる老舗の店が点在している。

この町に昔から住む人々は義理と人情に厚く
それぞれが相互に関わりを持ちながら生活しているのだ。
当然、事件にも間接的でありながら
何らかの関わりを持っているからやっかいだ。

昔気質で頑固で意地っ張り、素直に本音を言えない人々。
そんな不器用な人々に、加賀は温かい眼差しを向けながら
人々の心を根気よくノックし、時には辛抱強く耳を傾け
事件の謎を少しずつ解きほぐしてゆく。

煎餅屋、瀬戸物屋、時計屋といった老舗の個人商店を営む人々の
古風な人間模様にミステリをからませた構成の妙に脱帽。
不器用な人々が本音を隠し、善かれと思ってとった行動が
結果として事件の真相を見えにくくし
読者を幻惑させるようになっている点が実にうまい。

連作短編であるためそれぞれの作品が一応完結してはいるのだが
最後の短編以外は事件の真相解決に至らず
加賀の洞察力による人間模様の謎解きが読みどころだ。
事件の謎を掘り下げることが、結果的に
日本橋に住む人々の温かさを浮き彫りにするしかけになっているのだ。

ある意味、構成がパターン化されたハートウォームな筋立てのため
読者は安心して作品を読めるのであるが、実はそれこそが落とし穴。
そんな読者の心理は当然作家の東野はお見通し。
“あたたかみ”と“本格の遊びごころ”にあふれたミステリの逸品を
ぜひ、みなさんもご堪能あれ。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 23:29:25 ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

スノウ・グッピー

五條 瑛
光文社
★★★★



北陸沖に沈んだ軍事機器“グッピー”をめぐる男たちの攻防

【あらすじ】
訓練飛行中の自衛隊機が北陸沖に墜落した。
緊急連絡を受けた関東電子機器の三津谷は急遽金沢にとぶ。
金沢で彼を待っていた自衛隊員の宇佐見二佐が三津谷にこう伝えた。
「“グッピー”を一匹失いました」と。
そして直前に三津谷の同僚の技術者が一人が失踪したという事も。
謎の軍事機器グッピーをめぐる国際諜報小説。

【読みどころとポイント】
憂国。今の日本の現状を見てこの言葉を思い浮かべる人も多いだろう。
尖閣諸島をめぐるお粗末な外交。迷走する国会運営。
ザルとも言える日本の情報管理の杜撰な現状。
あ~情けない。ホント情けない。
しかし、ここ数日放映され続けている尖閣諸島の問題によって
日本の国民が国防や危機管理の面で
“日本”を意識するきっかけになったのは確かだ。

これまであまり日本ではスパイや謀略小説のたぐいはイマイチ盛り上がらなかった。
何だかんだ言っても日本は平和だし、
平和ボケと揶揄される日本人にとって戦争やテロは外国のお話。
国際的な舞台での自国の位置づけを低く見ている国民が多いせいで
こんな日本を対象に外国が軍事謀略が起こすという筋立てには
当然リアリティを感じないということもその理由のひとつだったろう。

この本が出版されたのは2001年だが、私はやっと先日読んだところ。
出版当時本書がどのくらい話題になったのかは定かではないが
尖閣諸島の話題で持ち切りのこの状況下で読むと
何やらぐっとリアリティもって読む事が出来た。

日本の軍事機密の漏洩とそれを阻止せんとする男たち。
グッピーをめぐって水面下で暗躍する各国の諜報機関。
日本の外交や防衛、危機管理のあり方について問題を投げかけつつ
派手ではないがツボをおさえた筆運びはなかなかのもの。
もっとも半分ほど読んだところで大方のストーリーが予測できてしまい
後半は“ああ、やっぱりそうなるか”という感じであるが。

やや残念なのは物語の中心となる主人公三津谷の個性が少し弱く、
事件に振り回される狂言回しの域を出ていない事。
むしろ三津谷に終始つきまとい漁夫の利を得ようとする江崎の個性が強烈だ。
それぞれの思惑を持つ多彩な登場人物たちが
ラストにどのような決着をつけるのか。それは読んでのお楽しみ。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:01:37 ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

オレたちバブル入行組

池井戸 潤
文春文庫
★★★★☆



理不尽な上司に正義の鉄槌を!中間管理職必読の痛快銀行マン小説。

【あらすじ】
大手銀行の東京中央銀行大阪西支店で融資課長をつとめる半沢は
支店長の強引な命令で、ある会社の融資を実行したが同社は倒産。
支店長の浅野はその責任をすべて半沢に押し付けようとする。
倒産した社長は雲隠れし、債権回収も絶望的な状況。
銀行上層部の執拗な責任追及が続く中
半沢は絶体絶命のピンチを脱することが出来るのか?


【読みどころとポイント】
まさに痛快!の一言に尽きるストーリー。
組織の理不尽な権力に屈する事無く
自分を陥れた者達に正義の制裁を下していく爽快な筋立て。
企業の組織の中で悶々とする中間管理職にはイチオシの小説だ!

バブル期に夢を描いて入行した者たちもいつの間にか中間管理職。
後のバブル崩壊により非常な現実に直面しつつ悶々とする行員たち。
出世レースも既に折り返し地点。課長の半沢もそんなひとりだ。

組織の中で上司にたてつくのはそう容易いことではない。
部下に責任をなすりつける上司、部下の手柄を独占する上司、
何もしない傍観者の上司、根っからの悪徳上司などなど、
みなさんの周りにもたっくさんいるよね。
しかし上司は選べない。
そんな上司の下についたらひたすら自分の運を呪うのみだ。

半沢が勤める大阪西支店の支店長もご多聞にもれず
責任転嫁と理不尽な権力をふりかざす典型的なサイテー上司。
その支店長は人事部とベッタリだから尚更始末に悪い。

上層部がよってたかって半沢を潰しにかかり
その執念深さと執拗なやり口にはホント閉口させられる。
怒りをぐっと押さえながら反撃のチャンスを伺う半沢の姿に
読者は俄然エールを送ってしまい頁を捲る手も徐々にスピードアップ。

後半に明かされる意外な真相とそれを巧みに使いながら
反撃の攻勢に転じる半沢の姿にやったー!行け~!って感じで
おもわず拳に力が入ってしまった。

銀行のしくみや内幕がとっても丁寧に解説されていて
この辺の知識に乏しい私のような読者でも難なくスラスラ読めて、
へーなるほど銀行ってそういう面もあるのか、と勉強にもなった。
会社でヘコんでる中間管理職の方は、ぜひご一読得を!

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:11:38 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。