== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

告 白

湊かなえ
双葉社
★★★★



告白形式でつづられる現代社会における人間の心の闇

【あらすじ】
愛美は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです。
終業式のホームルームで衝撃の告白をする女性教師。
校内で愛娘を亡くした教師がクラス全員の前で犯人を告発し
やがて物語は様々な人物の告白という形式を通して
人間の深い心の闇を浮き彫りにしていく。
第29回小説推理新人賞受賞作。


【読みどころとポイント】
買ってあったのに、ずっと放置したままで。
映画化もされたベストセラー、やっと読んだ。
評判通り、なかなかの慟哭の書であった。

冒頭からイヤ~な雰囲気たっぷり。
生徒たちを前に淡々と教師が告白する重苦しいシーンで幕を開ける本書は
以降も語り手を変えつつ全てが告白という形式でつづられる。

登場人物ひとりひとりの語りの中から
心のずっと奥の闇の部分が象徴的に浮かび上がり
現代社会が生み出した歪んだ人間性がぐっと読者の前に迫ってくるのだ。

とにかく“告白”という形式をとった事が大きく成功している。
章ごとに被害者、加害者、傍観者、というように語り手が変わるのだが
その人物が語っている間は、
その他の登場人物は直接語り手と対峙することを許されず
語り手のみの解釈によって人間性を定義されてしまう。

告白形式ゆえに個人の身勝手さが否応無くクローズアップされ
どの登場人物にも共感できないまま
結末までえんえんとつきあわされてしまう。
そしてこの衝撃の結末。ここまでやりますか。
告白だけで最後まで読者をひっぱる力量はなかなかのもの。

ただし難が無いわけではない。
告白という形式にあまりにもこだわりすぎ
視点を第三者にまで広げすぎたため
復讐譚という本筋が中盤で薄れ
終章とのつながりの悪さが目立ってしまった。
というよりむしろ
様々な人間たちの心の闇のスクランブルを
極めてパーソナルな復讐譚に落ち着かせてしまった点が残念。

それはさておき、登場人物たちの告白が
決して絵空事とは思えない現代社会の人間像。
本書を読んで、そこに改めて気づかされる時
今日の社会にやりきれない思いを抱いてしまうのは
私だけではないだろう。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 23:07:43 ━ Page top ━…‥・

== マンガ ==

宇宙兄弟(3)(4)

小山 宙哉
モーニングKC
★★★★★



完全閉鎖環境での2週間耐久試験に挑むチャレンジャー六太の奮闘

【あらすじ】
宇宙飛行士選抜試験の第3次試験にたどりついた六太。
そこでJAXAが用意したのは完全閉鎖環境での耐久テストだった。
5名×3グループに振り分けられた受験者たちは、
各グループごとに閉鎖空間に放り込まれる。
外界から隔絶された環境で相次ぐトラブル発生に
日毎に亀裂が深まっていく受験者たち。
六太ははたしてこの過酷な2週間を乗り切れるのか?

【読みどころとポイント】
すごい!早くも3・4巻にしてクライマックスが訪れる。
この閉鎖空間での2週間はすごいぞ。

考えてみれば宇宙飛行では
長期間他人と狭ーい閉鎖環境で過ごさなければならない訳で
そのストレスたるやハンパじゃないと思う。
それをこれでもかとつきつけられるのがこのテストだ。

自己チューな奴、自信満々の奴、何考えてるかわかんない奴…
個性的な連中をグループに配して
全員ライバルでもあり仲間でもあるという矛盾を設定したところがいい。

振り分けられたグループのメンバー5名から
最終的に2名をグループ内で選ぶというのも過酷だ。

でも何よりイイのが、六太が
この閉鎖環境の中でその性格の良さをたよりに
グループ内の空気を変えていくところだ。
組織ではなく矛盾を抱えた少数の運命共同体という中では
強烈なリーダーシップが常に力を発揮するとは限らないのである。

作者が周到に用意した舞台設定は
ちょっと不器用でカッコ悪くも心優しい主人公を
ぐっと際立たせる仕掛けに満ち溢れているのである。

彼がはたしてどんな立ち回りを見せるのかは
読んでみてのお楽しみ。文句なしの星5つ!

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:00:00 ━ Page top ━…‥・

== ノワール ==

友はもういない

ユージン・イジー
ミステリアス・プレス文庫(絶版)
★★★☆



幼馴染の金庫破りと麻薬捜査官、運命の交錯を描いたクライム・ノヴェル!

【あらすじ】
シカゴの金庫破りフェイブと麻薬課の捜査官ジミイ。
子供時代からの親友でありながらまったく別の道を選んだ二人。
お互い相手の仕事 には干渉しないはずだったが
フェイブが相棒と押し入った部屋で、
無惨な女の死体と大量のコカインに出くわしたことから事態は急変する。
クライム・ノヴェルの次代を担うと賞賛されたユージン・イジーのデビュー作。

【読みどころとポイント】
悪くない、なかなかイケてるぞこいつは。
シカゴの裏社会でシノギ削る者どうしの抗争を背景に
大泥棒と麻薬捜査官の立ち振る舞いを描いた
B級ノワールの匂いがプンプンする作品。

朽ち果てた金属にペンキを無造作に塗りたくっていくような
無造作で荒々しい文章で構成された物語は
ワルがままに書いた雰囲気たっぷり。

人を殺すのを何とも思ってない連中もいっぱい登場。
簡単に銃を仲間の顔面にぶっ放しちゃいます。
日本の昔のヤクザ映画のような血の契りなんてものは皆無。
スキあらばてめえの親分も裏切ってやろうっていうような
いいかげんな連中がいっぱいだから始末に悪い。

金庫破りと麻薬の密売のふとしたすれ違いが生んだトラブル。
大量のコカインと100万ドルを巡って繰り広がられる抗争。

でも本作品のミソは、最後に笑うのは誰かではなく
こんな状況下でも“友情”はいかに成就するのか?なんてテーマを
極めて薄っぺらでラフな物語にブチ込んだ点である。

状況説明や心理描写が過多な部分をもっと削ぎ落とせば
もっとクールでスタイリッシュなクライムノヴェルになっただろう。

麻薬捜査官ジミイと金庫破りフェイブの
幼少時代の交流ももっと描き込まれていれば
テーマがぐっと際立ち
ラストのカタルシスもさらに高まったと思う。

それでも悪くない。この不完全さが本作品の真骨頂。
たまにはお行儀なんか気にしないワイルドな読み飛ばしもいいぞ!

そんなこんなで
いくつかの瑕疵(特徴ともいえる)があるため星は3つ。
プラス0.5は他作品に期待ってことで。
どうやら私は結構海外のノワールものが好きらしい。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:28:40 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。