== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

源にふれろ

ケム・ナン
ハヤカワ文庫(絶版)
★★★★★



陽光あふれるカリフォルニアのビーチに青春の夢と挫折を描く成長小説

【あらすじ】
砂漠地帯の田舎町に住んでいるチビのアイクは、
町を訪れた見知らぬ若者から失踪した姉の事を聞いた。
「おたくの姉さんはハンティントン・ビーチにいたんだ。
 去年の夏、彼女はメキシコに行った。
 ハンティントンの男が何人かいっしょだった。
 男たちは帰ってきたが、姉さんは帰ってこなかった。」
二年前町を出て行った姉エレンの身に何が起こったのか。
アイクはエレンを探しにカリフォルニアのビーチに赴く。

【読みどころとポイント】
出会ったことを心から喜びたくなる小説がある。
物語が終わっても頁を閉じるのが惜しくなる小説がある。
本書はまさにそんな一冊だ。

ひ弱で内向的な田舎者の少年が姉をさがす課程で
ならず者たちの暴力やドラッグ、女に翻弄されながらも
自分自身の生き方を苦しみながら見いだして行く…
本作は、美しくも切ない青春小説であり、大いなる成長小説でもあるのだ。

作者のケム・ナンは、眩しいくらいのカリフォルニアの描写と
青春時代の翳りを見事なまでに対比させ
若き日の夢と挫折、あやうさ、喪失と再生を描ききった。

何も無い砂漠の田舎町サン・アルコから、
光あふれるカリフォルニアに出てきたアイクのとまどいと不安を
ケム・ナンは実にうまく描いている。
全体的に過多な心理描写を抑えた語り口にすることで
見知らぬ町でのアイクの孤独感と心の葛藤を浮き彫りにしている。

エレン失踪の鍵を握る二人の人物、地元のサーファー「ハウンド」と
ハーレーを駆る暴走族のリーダー「プレストン」。
心に傷を負い対照的な生き方を歩んだ二人を否定しつつも憧れを抱くアイク。
彼らとアイクの心の交錯も読みどころのひとつだ。

随所に織り込まれる過去の挿話もいい。
読んでいない方の為に詳しくは書かないが、
そのひとつひとつが本当に切なく
アイクの孤独感をいっそう際立たせているのだ。

そしてもうひとつの読みどころがサーフィンの場面だ。
波乗りのシーンはダイナミックかつエキサイティング。
まるで自分がサーフィンをしているかのような感覚だ。
自分自身がアイクになってボードを操り波のループをくぐりながら
大きなうねりと一体化する素晴らしい体験が味わえる。
とにかく全編が映像的な描写で、海、光、風、潮の香りまで感じられるようだ。

舞台となっているカリフォルニアのハンティントン・ビーチも
リゾート開発とともにかつての輝きは徐々に色あせており
いたるところにあったロングビーチの多くは失われ
二度と取り戻せない青春時代の輝きを象徴するかのようである。

失われた青春時代の輝きへの悔恨といとおしさを
かくも美しく切なく描いた本書に改めて拍手を贈りたい。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:5 ━ Trackback:1 ━ 23:30:59 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

東京の副知事になってみたら

猪瀬 直樹
小学館101新書

★★★★

作家が都政での「格闘の記録」を通して語る“新しい東京論”。



【あらすじ】
2007年6月、作家の猪瀬直樹氏は
石原慎太郎東京都知事から特命を受け東京都副知事に就任する。
東京が抱える様々な課題解決への取り組みは霞ヶ関官僚との戦いに発展し、
就任からの3年間、猪瀬氏は石原都知事と共に
日本の首都東京の大改革に奔走する。
作家としての想像力を駆使した「行政現場」での格闘の記録。

【読みどころとポイント】
東京都庁は昔から伏魔殿と呼ばれてきた。
バブルの象徴のような建物と東京という巨大なシステムを動かす官僚たち。
彼らの数は実に15万人を超えているそうだ。

本書は作家の猪瀬直樹氏が“作家”だからできることを駆使して
東京都がすべきことを追求した生の記録である。
硬直する官僚システム。迷走する日本の国家運営。
氏の取り組みの根底にあるのは、
東京都政を通して“この国の居場所をつかむ”ことなのだ。

氏は日本を近代国家たらしめたのは優秀な官僚たちだったと評価しつつ
経済成長とともに彼らが肥大化し無責任な行政によって
日本の思考を停止させ続けていると語る。
硬直化した官僚システムの壁を打ち破るための戦いは
成熟国家「日本」の未来を模索する戦いでもあったのだ。

鉄道や道路、飛行場、水道などの都市インフラ部分についての取り組みは
氏の得意な分野であり、それらの記述を通して
東京ひいては日本のシステムそのものを再認識させられる。
具体的な数値データをもとにした客観的な分析と
課題解決に向けた想像力と実行力はやはり流石である。

帯ラベルに“行政の現場での格闘”といった見出しがあることから
その戦いぶりを克明に追った記録やドキュメントを想像しがちだが
どちらかといえば猪瀬氏の回想録的な内容となっており
エキサイティングな行政現場での格闘ぶりを期待する方には
やや物足りない構成と言えるだろう。

とは言え、太陽光発電や周産期医療、高齢者ケア施設など
今日的な都市の課題に関するエピソードなども記されており
スピーディに読める新書なので一読するのも良いと思う。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:14:40 ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

スノウ・グッピー

五條 瑛
光文社
★★★★



北陸沖に沈んだ軍事機器“グッピー”をめぐる男たちの攻防

【あらすじ】
訓練飛行中の自衛隊機が北陸沖に墜落した。
緊急連絡を受けた関東電子機器の三津谷は急遽金沢にとぶ。
金沢で彼を待っていた自衛隊員の宇佐見二佐が三津谷にこう伝えた。
「“グッピー”を一匹失いました」と。
そして直前に三津谷の同僚の技術者が一人が失踪したという事も。
謎の軍事機器グッピーをめぐる国際諜報小説。

【読みどころとポイント】
憂国。今の日本の現状を見てこの言葉を思い浮かべる人も多いだろう。
尖閣諸島をめぐるお粗末な外交。迷走する国会運営。
ザルとも言える日本の情報管理の杜撰な現状。
あ~情けない。ホント情けない。
しかし、ここ数日放映され続けている尖閣諸島の問題によって
日本の国民が国防や危機管理の面で
“日本”を意識するきっかけになったのは確かだ。

これまであまり日本ではスパイや謀略小説のたぐいはイマイチ盛り上がらなかった。
何だかんだ言っても日本は平和だし、
平和ボケと揶揄される日本人にとって戦争やテロは外国のお話。
国際的な舞台での自国の位置づけを低く見ている国民が多いせいで
こんな日本を対象に外国が軍事謀略が起こすという筋立てには
当然リアリティを感じないということもその理由のひとつだったろう。

この本が出版されたのは2001年だが、私はやっと先日読んだところ。
出版当時本書がどのくらい話題になったのかは定かではないが
尖閣諸島の話題で持ち切りのこの状況下で読むと
何やらぐっとリアリティもって読む事が出来た。

日本の軍事機密の漏洩とそれを阻止せんとする男たち。
グッピーをめぐって水面下で暗躍する各国の諜報機関。
日本の外交や防衛、危機管理のあり方について問題を投げかけつつ
派手ではないがツボをおさえた筆運びはなかなかのもの。
もっとも半分ほど読んだところで大方のストーリーが予測できてしまい
後半は“ああ、やっぱりそうなるか”という感じであるが。

やや残念なのは物語の中心となる主人公三津谷の個性が少し弱く、
事件に振り回される狂言回しの域を出ていない事。
むしろ三津谷に終始つきまとい漁夫の利を得ようとする江崎の個性が強烈だ。
それぞれの思惑を持つ多彩な登場人物たちが
ラストにどのような決着をつけるのか。それは読んでのお楽しみ。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:01:37 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。