== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

謎解きはディナーのあとで

東川 篤哉
小学館
★★★



お嬢様新米警部と頭脳明晰な執事の掛け合いが楽しい連作ミステリ

【あらすじ】
主人公は複数の企業を傘下におさめる「宝生グループ」のお嬢様麗子。
新米警部の彼女は警察でその正体をひた隠し
出来のワルい上司にイライラをつのらせながらも現場を走り回る毎日。
しかし彼女の前には毎回のごとく難事件が立ちはだかりお手上げ状態。
麗子のお抱え運転手影山は、そんな麗子に暴言を吐きながら、
冷静な分析で事件の真相を鮮やかに推理していく。
お嬢様新米刑事と頭脳明晰な執事の掛け合いが楽しい話題の連作ミステリ。

【読みどころとポイント】
結構話題になっているようだったので興味本位で購入。
とにかくワガママで短気なお嬢様刑事麗子と、
鮮やかな推理を繰り広げる冷静沈着な執事影山の配役設定が大成功。
目を引く楽しいカバーデザインと『王様のブランチ』で紹介された事もあり
またたくまにベストセラーの仲間入りとなってしまった。

巷の読者レビューではけっこう酷評があったりするのだけれど
私はそんなに悪い作品とは思っていない。
確かに謎の設定はイージーだし重厚な人間ドラマも皆無、
各話どれも同じ構成なのでワンパターンと言えばそれまで。
本格的な推理小説や重厚なミステリを好む人には向かないかもしれない。

でもここはあまり堅苦しく考えずに
執事とお嬢様のやりとりを素直に楽しむという読み方がベストだ。

「失礼ながらお嬢様、この程度の真相がお判りにならないとは、
 お嬢様はアホで いらっしゃいますか」
「クビよ、クビ! 絶対にクビ! クビクビクビクビクビ…」
なんていう楽しい会話が毎回出て来ますから。

子どもの頃に読んだ「君も名探偵」的マンガのような筋立てで
最初にポン!と謎が提示されて、現場に不可解な点はあるのだけれど
警察の推理が行き詰まり、最後に名探偵が登場して鮮やかな推理を披露し一件落着!
そんなお決まりのなつかしさと、お嬢様&執事探偵の組み合わせで
これまでにないハイブリッド感を生み出した事がヒットの所以だ。

本作を酷評していた読者の方々も、
最後に執事の影山が明かす真相をはたしてどこまで推理出来ていただろうか。
これから読まれる方は、ぜひ最後の影山の種明かしの前に
お嬢様と一緒に楽しく謎解きに挑戦してみてくださいな!
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:13:09 ━ Page top ━…‥・

== 海外文学 ==

風の影

カルロス・ルイス・サフォン
集英社文庫
★★★★★☆



バルセロナの光と影を背景に謎の作家の数奇な人生を描く世界的ベストセラー

【あらすじ】
1945年のバルセロナ。霧に包まれたある夏の朝、
少年ダニエルは父に連れられ、
膨大な古書が眠る「忘れられた本の墓場」を訪れる。
そこで手に取った1冊の本『風の影』に魅せられたダニエルは
謎の作家フリアン・カラックスの過去を探求することになった。
数奇に満ちた作家の人生をたどるダニエルだったが
そこには思いもよらぬ運命が待ち受けていた。
17言語、 37カ国で翻訳出版され世界中で絶賛されたベストセラー。

【読みどころとポイント】
以前から読書好きの方々の間で絶賛されていたので
いつか読んでみたいと思っていた小説のひとつ。
噂に違わず読書の悦びを堪能できる素晴らしい物語だった。

冒頭部「忘れられた本の墓場」にダニエルを連れて来た父親が
息子にゆっくりと語りかける言葉。
「ここは神秘の場所なんだよ、ダニエル、(中略)
時の流れとともに失われた本が、この場所では永遠に生きている。」
そして一冊の本とダニエルの運命的な出会い。
この神秘的な導入部をひとたび読めば
読者は知らず知らずのうちにバルセロナの歴史舞台へと誘われてしまう。

スペインの内戦と独裁政権下の不安定な情勢の中で
謎の作家フリアンの過去を必死に探ろうとするダニエルだったが
徐々に危険が忍びより物語は思わぬ方向へ転がって行く。

ダニエルの前に突如現れる謎の怪人。
「風の影」作中の悪魔と同名を名乗るその怪人は顔が醜く焼け爛れ
カラックスの本を探し出しては次々と燃やしていくのだ。

ダニエルが想いを寄せる10歳近く年上の盲目の女性クララや
反分子を徹底的に弾圧する治安警察の悪徳刑事部長フメロ等、
とにかく脇役に至るまですべての登場人物がよく立っている。

ダニエルを支えるフェルミンの存在感がまた素晴らしい。
ブラックユーモアに満ちた彼の饒舌でスピーディーな語り口は
時に辛辣だが、とっても慈愛に満ちあふれたもの。
何度も迷い立ち止まるダニエルの背中を優しく押してくれるのだ。

近年巷に溢れる消費型のスイスイ読める小説ではない。
謎の作家の過去を洗い出すことはある意味で地道な作業。
彼の過去を知る人物一人ひとりを訪ね歩くダニエルに
じっくり時間をかけてつきあって行かなければならない。

スリリングでスピーディーな展開を好む人には不向きかもしれないが、
けっしてここで投げ出してはいけない。
この長い旅に根気よくつきあってこそ
最後に訪れる素晴らしい感動に出会えるからだ。

過去と現代を行きつ戻りつする巧みな構成はもちろんだが
カラックスをめぐる人々と、ダニエルに関わる人々を
対照し平行して描いていく手法が後半見事に結実するのである。
いやはや素晴らしい。

バルセロナの光と影の時代を背景に
傷ついた者たちの愛と葛藤、
少年期の淡い恋愛や父親との確執、
自由への渇望、権力との闘い、謎の探求と冒険…。

それまでバラバラになっていた謎の断片が
物語後半加速しながら一気に収斂していく見事さ。
小説の読みどころとなる様々な要素がこれでもかとぎこまれ
それらが渾然一体となって万華鏡の如く読者の前に展開されるのだ。

いつか私はもう一度、いやきっと幾度となく
本書を読み返すに違いない。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 12:04:32 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。