== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ハードボイルド ==

闇よ、我が手を取りたまえ

デニス・ルヘイン
角川文庫
★★★★★



パトリックとアンジーが圧倒的な悪に挑む最高にスリリングなハードボイルド

【あらすじ】
女性精神科医ディアンドラからパトリックの元へある依頼が舞い込んだ。
マフィアとのトラブルに巻き込まれ息子の命が脅かされているというのだ。
事件への関与に躊躇しつつアンジーに後押しされ捜査に乗り出すパトリック。
一方、パトリックが親しくしていた少女が
磔にされた惨殺死体となって発見された。
その後も警察を嘲笑うかのように次々と発見される磔の死体。
20年前にアレック・ハーディマ ンが起こした事件と酷似していたが
ハーディマンは現在服役中。果たして犯人は誰なのか。
想像を絶する深い闇に挑むパトリック&アンジーの運命は?

【読みどころとポイント】
戦う探偵パトリック&アンジーのシリーズ第二弾。
前作よりはるかに重く暗い狂気が渦巻くダークな世界が展開する。
次々と発見される拷問を受けた無惨な磔死体。
20年前にアレック・ハーディマンが起こした事件との酷似、
パトリックのもとに届く謎の脅迫状。
法の正義など何の役にも立たない圧倒的な暴力が支配する演出が圧巻だ。

パトリックが幼少時代に父親から受けた虐待を
フラッシュバックのように挿入しながら
事件は20年という時を遡り街が長年にわたり抱えてきた積年の憎しみが
家族、友人、恋人を否応無く巻き込んでいく。

銃を常に携帯しマフィアからの脅迫にも屈しない二人は
けっして屈強でタフなスーパーマンではなく
死の恐怖に震える一般小市民としての側面も持っている。
それだけにハラハラさせられる場面がリアリティを持つのだ。

絶対悪に捨て身で向かうパトリック&アンジーの行動も尋常ではない。
まさに殺るか殺られるかの死闘と言ってよい。
二人に絶対の忠誠を誓う護衛役のブッバ・ロゴウスキも
殺人を屁とも思わない凶暴なキャラクターとして強烈な印象を残す。

互いに惹かれつつあるパトリックとアンジーだが
こんな事件にばかりに相対していれば身も心もボロボロで
ゆっくりと愛を語るヒマなど無いのだ。

とにかく最初から最後までテンションを落とさず
このスリリングな物語を描ききった点はスゴイの一言。
一度読み始めたら最後まで手をとめられない
最高にハードでエキサイティングなハードボイルド!
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:01:34 ━ Page top ━…‥・

== ハードボイルド ==

聖なる酒場の挽歌

ローレンス・ブロック
二見文庫(絶版)
★★★★☆



聖なる酒場が閉まる時、人は誰でも孤独になる…

【あらすじ】
マットの通う酒場周辺で二つの事件が起きた。
行きつけの酒場で飲み仲間のトミーの妻が殺され
トミー自身が殺人容疑に問われた。
一方、別の店の酒場から裏帳簿が盗まれ
その店の経営者がマットに帳簿の捜索を依頼してきた。
2つの事件の解明に乗り出すマットだったが
その真相は意外なほど根深かった。
1986年に発表されたアル中探偵マット・スカダーシリーズの第6作。

【読みどころとポイント】
本書はマットが10年前の事件を回想形式でつづった小説。
幾度となくおとずれる酒場のシーンが目にしみる作品だ。

全編が深夜のBarで流れるスロージャズのようにゆったりと流れ
大都会のかたすみで生きる者たちのうすっぺらな人生を描いていく。

逃走中の犯人を追いかける途中で一般の少女を誤射し
それを契機にマットは警察官を辞した。
妻とも離婚し別れた子どもたちとたまに会う程度。

人はなぜ酒場に通うのか。そこにはいろいろな理由があるが
心の隙間を埋めるのが酒の力だとしたら
夜ごと深夜の酒場にくりだし酒を飲むマット・スカダーもまた
何万本もの酒でも埋め尽くせない心の隙間を抱えた一人なのだ。

バーテンダーのビリーが「聖なる酒場の挽歌」なるレコードをかけ
酩酊状態のマットと二人でしみじみ聞きながら夜が更けていく場面がある。
「ここのところを聞いてくれ」とビリーが言った。

  だからもう一夜ぼくらは過ごした。
      詩と散文の夜を
  みんな孤独になるのがわかってるから
   聖なる酒場が閉まるときには

大都会ニューヨークの孤独と感傷を描ききった逸品。
まさに今宵はミステリに乾杯!

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:56:59 ━ Page top ━…‥・

== 映画 ==

ハリーポッターと死の秘宝 part2

監督:デヴィッド・イェーツ
配給:ワーナー・ブラザース映画
★★★★



闇の帝王との最終決戦!ハリーポッターシリーズ堂々の完結。


【あらすじ】
ヴォルデモートの復活によって魔法省やホグワーツは闇の力の支配下に。
ハリーとロン、ハーマイオニーは度重なる闇の攻撃をかいくぐり、
ヴォルデモートの魂を分けて収めた“分霊箱”を破壊しようとするが
やがて戦いはホグワーツ魔法学校を舞台に熾烈な篭城戦争へと発展する。
不死鳥の騎士団と闇の勢力の最終決戦の行方は?
シリーズのラストを飾る完結編。

【観どころとポイント】
遅ればせながらやっと観ました。
あ~ついに終わってしまった。
ハリーポッターシリーズ堂々の完結。
すべて劇場で見て来ただけに実に感慨深い。

ヴォルデモートの復活とダブルドアの死により
魔法省やホグワーツがヴォルデモートの闇の力に支配され
学校の周りにも死喰い人がいっぱいのダークな雰囲気。

ヴォルデモートを倒すためには
彼の魂を分散して保管している分霊箱を破壊するしかないって訳で
その行方を追うハリー、ロン、ハーマイオニーの3人に
次から次へとアクシデントが襲う。

小説のように細かい説明がはしょってあるので
イマイチ理解できないことや諸般の矛盾が気になるものの
とにかく闇の力に押されっぱなしのスリリングな展開が続く。

最終回の見どころは、闇の力に対して
ホグワーツの生徒や教師、親達が力を合わせて
城にたてこもり熾烈な篭城作戦を展開する事だ。
歴代の登場人物たちが次々にお亡くなりになり
何ともすさまじい魔法大戦争です。

分霊箱が破壊される度に弱っていくように見えるヴォルデモートも
なかなかしぶとくて結局はハリーとの最終対決を迎える事に。

ニワトコの杖の所有権移転をめぐる矛盾点や
最初のハリーとヴォルデモートのあっけない勝敗、
いささかご都合主義とも思えるハリーの復活劇など
難癖をつけだしたらキリが無いが
それでも良かったですよ。

結局勝敗を分けたのは仲間のチカラって事が
今回もストレートに打ち出され
本シリーズで一貫しているテーマを
最後まで踏襲した点を私は評価したいのだ。


「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 オリジナル・サウンドトラック


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

┃ テーマ:映画レビュー ━ ジャンル:映画

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:02:12 ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

カムバック・ヒーロー

ハーラン・コーベン
ハヤカワ・ミステリ文庫(絶版)
★★★★★



バスケットスター選手の失踪を探るマイロン・ボライターの爽快な活躍

【あらすじ】
スポーツエージェントをしているマイロン・ボライターのもとに
かつて彼が所属していたバスケットチームのオーナーから依頼が舞い込んだ。
失踪したスター選手を探し出すためにチームに戻って欲しいといのだ。
失踪した選手はかつてマイロンのライヴァルであったが
マイロンは試合中のアクシデントで引退を余儀なくされたのだ。
とまどいつつもチームへの復帰を決めたマイロンだったが
そこには思いもよらぬドラマが待ち受けていた。
アメリカ探偵作家クラブ賞、アメリカ私立探偵作家クラブ賞ダブル受賞作。

【読みどころとポイント】
まず、失踪したバスケットスター選手を探すために
夢破れた元選手がかつてのチームに復帰するという設定が良い。
マイロンは試合中の事故で現役を引退しているだけに
ずっと心のどこかに過去の鬱屈を抱えている。

作者のハーラン・コーベンは
あの華やかなコートにもう一度立つ主人公の信条を
やや抑え気味の筆致で実にうまく描き出しているのだ。

全体がジョークとへらず口のオンパレード。
1996年の作品なので当時のアメリカの流行や話題を知っていないと
次々と飛び出るジョークにイマイチのれない箇所もあるが
とにかく軽快で陽気なアメリカの雰囲気バリバリの作品。

こうした描写があまり嫌みにならないのは
表面的な軽さの内に秘めたマイロンの生き方が
確固たる信条で統制されているからだろう。

テコンドー6段で射撃の達人の相棒ウィンや
かつて女子プロレスラーでならし
現在はマイロンの秘書をつとめるエスペランサなど
脇を固めるキャラクターも魅力たっぷりで
いずれも胸のすくような活躍を見せてくれる。

こうした作品はややもすると主人公の自己再生に比重がおかれ
ミステリとしての構成が弱いものも多いのだが
本作は本格ミステリとしても1級品。

失踪選手探しの課程で出くわす殺人事件について
魅力的な謎や手がかりが次々と提示されるにもかかわらず
最後まで真犯人の名を伏せフーダニットの醍醐味もたっぷりなのだ。

そして何よりも、事件の真相究明がマイロン自身の
過去と有機的に結びついていく展開が素晴らしい。
読者は物語の最後でタイトルのカムバックの意味を
ぐっと噛み締めることだろう。
間違いなく全作買いのシリーズになりそうだ。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:37:02 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。