== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

ストロベリーナイト

誉田哲也
光文社文庫
★★★☆



若き女性警部補姫川玲子が、凶悪な連続殺人に挑むシリーズ第一弾!

【あらすじ】
都内の公園でビニールシートに包まれた男性の他殺体が発見された。
死体には拷問を受けたような傷跡が無数にあった。
捜査一課の若き女性警部補姫川玲子は部下とともに捜査に乗り出すが
付近の溜池から同様の別の遺体が発見され事件は思わぬ展開を見せていく。
捜査の過程で浮かび上がった謎の言葉「ストロベリーナイト」とは?
姫川玲子の颯爽とした活躍を描くシリーズ第一弾。


【読みどころとポイント】
全体的にスピーディーでテンポが良くサクサクと物語は進む。
最初から殺人者の存在は読者に明かされており
犯罪に至る経緯もそれなりに書かれているので
警察がいつ真相にたどりつくのかを期待しながら読んでいく事になる。

この物語を成功させているのは何と言っても
主人公である女性警部補、通称「姫」こと姫川玲子のキャラクターだ。
学生時代のある事件をきっかけに刑事の道を志し
常に明るく前向きにひたむきに生きる彼女の行動はすがすがしい。

過去のトラウマを抱えながらも明るくポジティブな行動家の姫川と
それを温かな目で支える部下たちのチーム力も読みどころ。
若い姫川を立てながら盛りたてていく姫川班の面々は読んでいて気持ちがいい。

一方で題材となっている犯罪は極めて陰惨でグロテスクな描写も多く
この手の描写が生理的に嫌いな読者にはとてもおすすめ出来ない。
現代社会が抱える闇をストレートに犯罪のテーマに設定しただけに
読んでいて何とも不快な気分にならざるを得ない。

全体としてミステリとしての謎解きは弱いものの
警察小説としての面では捜査のプロセスが手際良く読者に開示され
緊迫感のあるストーリーが展開される“よく出来た警察小説”である。

本庁と所轄、公安などそれぞれの立場の人間の思惑がぶつかり
熾烈な捜査のしのぎ合いが展開されるのは昨今の警察小説同様だが
それだけにどこかで読んだような印象を持たれてしまうとも言える。

殺人者が犯罪に至る背景や心理描写の書き込み不足で説得力に欠ける点や
若き女性警部補の姫川をとりまく脇役がやや類型的な点など、
課題も多いがそれでも作者の誉田哲也は上手い書き手だと思う。
若い女性を主人公にした成長小説としてはとても良いと思うので
本シリーズは今後も読んでいきたいと思っている。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 21:26:25 ━ Page top ━…‥・

== ノワール ==

赤毛のストレーガ

アンドリュー・ヴァクス
ハヤカワ・ミステリ文庫
★★★☆




アウトロー探偵と闇の仲間たちが幼児虐待犯を追いつめるシリーズ第2弾!

【あらすじ】
ある日燃えるような赤毛の女がアウトロー探偵バークをたずねてきた。
ある少年のポ ルノ写真を取り戻してほしいというのだ。
ストレーガ(魔女)と呼ばれる彼女にはトラブルの匂いがした。
結局、彼女の誘惑に屈し調査を引き受けたバークだったが
予想通り事件には未成年ポルノ業界の闇のビジネスがからんでいた。
前科27犯のアウトロー探偵バークとその仲間たちが
幼児虐待犯を追いつめる闇のシリーズ第2弾。 


【読みどころとポイント】
第1作目同様に、どう見ても胡散臭そうな相談が持ち込まれ
介入に難色を示すバークだったが、赤毛の女に翻弄され
結局幼児虐待犯を追いつめる役を買って出ることになる。

本作では前科27犯のバーク自身の過去が大分明かされ
仲間とのヤバい立ち回りや刑務所時代の苦い回想が語られる。
この点は本作の危ない雰囲気づくりに一役買っている。

バークを幼児虐待犯罪の渦中に導く女ジーナは
ストレーガ(魔女)と呼ばれるとおり
燃えるような赤毛で妖しい色香を振りまきバークを誘惑する。
ただし、ジーナがバークに対してあまりにも奔放な女に書かれているので、
彼女が幼児虐待犯を道徳的観念から憎悪する点にはいささか疑問が残る。

バークシリーズは主に幼児虐待が犯罪のテーマであるが
作者のヴァクスが子供に関する事案を主に扱う弁護士でもあるという事で
彼の考えが強く反映されているということらしい。
今回のミッションでは、幼児虐待犯宅から違法に撮られた幼児の写真を
速やかに回収するという事が目的であったが
途中から徐々に幼児虐待犯に制裁をくだす目的に変わっていく。

このあたりは作者の思想が色濃く反映されての結果だと思うが
作品としてとらえると、バークが幼児虐待犯退治に入れこんでいく理由が
もうひとつ明確に書かれていないのが残念。
作者の私的な意図が物語に先行してしまうと
小説は説教本のようになってしまう危険性もある。
この点は今後の展開の課題と思える。

そしてもうひとつ気になった点は
バークのアウトローぶりを彼のモノローグで説明する場面が多過ぎること。
この手の小説でやたらと主人公に自分を説明させすぎると
かえって緊張感が無くなり読者はしらけてしまうのだ。

若干の課題はあるものの、シリーズの2作目である本書では
バークの脇を固めるファミリーの面々が随所に登場し興味深い。
男娼のミシェルや浮浪者で情報屋のプロフ、
メカに詳しい技術屋のモグラ、頼れる豪腕相棒の音なしマックスなど。
闇の個性派軍団が違法スレスレのところで多彩な活躍を見せてくれる。
次作はシリーズ傑作と言われる「ブルー・ベル」だ!

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:49:34 ━ Page top ━…‥・

== ミステリ古典 ==

ペニーフット・ホテル受難の日

ケイト・キングズバリー
創元推理文庫
★★★★



イギリス沿岸のホテルで起きた事件をめぐる人間模様を描いた人気シリーズ

【あらすじ】
1906年、時はエドワード王朝時代。
イギリス南東部沿岸の田舎町に建つペニーフット・ホテルで
宿泊客の女性が遺体で発見された。
遺体の状況から屋上から墜落したと思われたが
不審な点に気づいたホテルの女主人セシリーは
持ち前の行動力を発揮し、忠実な支配人のバクスターとともに
不可解な事件の真相究明に乗り出す。
優雅なホテルを舞台に繰り広げられる難事件と
紳士淑女の人間模様を描くベテラン女流作家の人気シリーズ第1弾。

【読みどころとポイント】
1993年にスタートした本シリーズは既に12作以上を超す人気の長寿シリーズ。
舞台となるペニーフット・ホテルは上流階級に人気の快適な宿だ。
本シリーズの読みどころは何と言っても個性派ぞろいの登場人物たちと
事件をめぐって繰り広げられる多彩な人間模様である。

女主人のセシリー・シンクレアは半年前に世を去った主人の遺志を継ぎ
持ち前の明るさと行動力でホテルを切り盛りする毎日。
時折、亡き夫のジェイムズを思い出し寂しさを感じる事もあるけれど
ホテルでの仕事は彼女にとって生きる証、元気の素なのだ。

そんな彼女にとって最も大切なペニーフット・ホテルで起きた事件。
簡単な捜査で事故と断定してしまう警察に不満を抱き
制止する支配人のバクスターを振り切って事件の真相究明に奔走する。

物語全体がゆったりとしたペースで暖かみのある語り口が心地よく
事件にも陰惨さがなく全編がほのぼのとした雰囲気たっぷりで
古きよきイギリスを満喫できるハートウォームなミステリ。
アガサ・クリスティのミス・マープルシリーズが好きな人には
おススメのシリーズと言えるだろう。

セシリーの事件の探求が物語の主軸であるが
ホテルで起こる日常の些細なトラブルやドタバタ劇も楽しい。
ホテルの奇抜な催事係を務める見栄っ張りのフィービー、
生意気でゴシップ好き、毒舌たっぷりのメイドのガーディ。
ホテルの常連客でちょっとおかしなところのあるフォーテスキュー大佐、
セシリーの片腕役としてセシリーに忠誠を尽くすバクスターなど、
彼らの織りなす人間ドラマが舞台劇を見ているようで愉快だ。

些細な手がかりを積み上げて難事件の真相を究明するプロットは
本格ミステリが好きな読者でも楽しめる内容。
宿泊客ひとりひとりに向けるセシリーの優しい洞察力が
事件究明のポイントになっている点も嬉しい。
ミステリ好きもそうでない人にもぜひ読んで欲しい作品だ。

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:15:27 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。