== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

水の戒律

フェイ・ケラーマン
創元推理文庫
★★★☆

正統派ユダヤ教徒のコミュニティを舞台にしたサスペンスフルな作品



【あらすじ】
ロサンゼルスの山間部にある正統派ユダヤ教徒のコミュニティ。
ある夏の夜に、一件のレイプ事件が発生した。
都会の文明から離れ厳格な戒律に従って暮らす人々が住むこの村で
なぜこのような事件が起こったのか?果たして犯人はこの村の住民なのか?
ロサンゼルス市警のピーター・デッカーが現地に赴くも
ユダヤ教徒のコミュニティが持つ排他的な空気に捜査は難航する。
マカヴィティ賞最優秀処女長編賞に輝くフェイ・ケラーマンのデビュー作。

【読みどころとポイント】
1986年に発表された作品であるが、その後もシリーズは続き
読んだことのある人も多いのではないだろうか。
本作のポイントは何といっても、ユダヤ教徒のコミュニティを舞台に設定したこと。

神学校をはじめ、清めの儀式を行う「ミクヴェ(水浴場)」や、
祈りを捧げる場である「シナゴーグ」等が存在するこの村の住人たちは
ユダヤ教の掟に従って、日々ヘブライ語の聖書を読みつつましく暮らしているのだ。

事件の第一発見者であるリナ・ラザラスもまた敬虔なユダヤ教徒である。
このコミュニティ内に犯罪者がいるはずはないと信じる彼女だが
その後、不審な出来事が続き、徐々に不安を募らせて行く。
一方、捜査にあたったロサンゼルス市警のピーター・デッカーは
閉ざされたコミュニティと宗教の壁に阻まれ聞き込みもままならない。

もうひとつの読みどころは
リナ・ラザラスとピーター・デッカーの大人の恋の物語。
捜査を通じて少しずつ互いに魅かれ合っていく二人だが
敬虔なユダヤ教徒として暮らすリナは
簡単にデッカーを受け入れることができないのだ。

事件解明のメインストーリーと恋の行方のサイドストーリーが
たくみにからみあいながら物語は進んで行く。

閉ざされたコミュニティ内での事件のため
犯人の意外性という点ではもうひとつであるが
平穏だった村で徐々に高まって行くサスペンスと
プラトニックなラブストーリーのスローな盛り上がりが実に良い。

作者フェイ・ケラーマンは実に繊細な筆致で
市警の刑事と経験なユダヤ教徒の心の細やかな動きを描いている。
デビュー作ながら長編賞に輝いたのも納得の出来映え。
以降もシリーズは続いて行くので少しずつ読んでいきたいと思う。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:35:32 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。