== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内小説 ==

武士道セブンティーン

誉田哲也
文春文庫

★★★★★



女子高生二人が活躍する大人気青春エンタメ剣道ストーリー第2弾!

【あらすじ】
剣一筋の磯山香織と日本舞踊から転身したお気楽不動心の甲本早苗。
高校2年生になり、早苗は父親の転勤について福岡へ。
剣道の強豪、福岡南高校に転入するも強豪校ゆえの慣習にとまどう毎日。
一方の香織は早苗のいない剣道部で悶々とする日々を過ごす
やがて二人は夏のインターハイで再会を果たすが…。
青春時代の戸惑いや不安、家族との軋轢、友情と恋愛、
多彩なエピソードを盛り込みながら
武士道とは何かを二人の女子高生が探っていく人気シリーズ第2弾。


【読みどころとポイント】
はい、あいかわらずぶっちぎりの面白さです。
剣の道一筋の磯山香織と、日舞から剣道に転身した甲本(西荻)早苗が
もがき苦しみながらそれぞれの武士道を模索していくストーリーは健在。

父親の転勤について福岡へ渡った早苗は剣道の強豪である福岡南高校に転入。
そこには強豪がゆえの集団競争、弱肉強食、合理主義の世界が待っていた。

そんな中、剣道をスポーツ至上主義と割り切る黒岩怜那との出会い。
合理的に勝つことのみを信条とする怜那に早苗は違和感を覚え
やがて二人には大きな溝が生まれていく。

一方の香織は早苗のいなくなった東松学園に一抹の寂しさを感じつつ
その空しさを後輩の指導にぶつけて悶々とする日々が続く。

まず今回の物語で成功しているのは、あえて二人を遠ざけることで
お互いの存在感をそれぞれが強く意識し合う構成にしたこと。
離れてみて初めてわかりあえる部分というのがあるわけで
この展開が憎らしいほど見事に成功して熱い友情エンタメになっているわけだ。

このセブンティーンでは二人をとりまく多彩な脇役にもスポットをあて
物語の厚みもぐっと増して面白さが倍増している。

僕が上手いなと思うのは、「武士道」という見立てを
学校生活での不安や葛藤、いじめ問題、家族との軋轢等、
現代の若者たちが抱える課題をからめながら書くことで
誰もが共感できる上質な成長小説に昇華させている点だ。

今回も文句無しの★5つ!


スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:22:13 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/105-da4a89c5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。