== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内小説 ==

砂漠

伊坂幸太郎
新潮文庫
★★★★★



パンクロックのビートにのせて描く現代の大学生たちの青春小説。

【あらすじ】
同じ大学に入学した5人の男女がコンパで出会った。
合コンや麻雀、ボウリングに明け暮れる薄っぺらな毎日、
そんな彼らもちょっとした事件に巻き込まれ…。
共に経験したいくつかの出来事が彼らをほんの少し成長させていく。
社会という砂漠の中にある大学という小さなコミュニティで
あがきもがきながら何かを見つけようと生きる現代の学生たちの姿を
パンクロックのビートにのせて描くリアルな青春小説。

【読みどころとポイント】
伊坂幸太郎が書く現代の大学生たちの肖像。
麻雀とコンパとボーリングに明け暮れる
薄っぺらな大学時代の生活を極めてリアルに描いた佳作だ。

作中で事件が起こるけれど本作は別にミステリではなく
あくまでも北村と取り巻きの大学生たちの日常がメイン。
淡々と進む物語ではあるけれど、物語は読者を飽きさせない。

どこにでもあるような大学生活の風景が
伊坂幸太郎の筆力によって爽やかな感動を生む物語に仕上がっている。

冒頭に、北村は仲間の一人からこんな事を言われる。
学生は近視眼型か鳥瞰型に分類されると。

主人公の北村は鳥瞰型、冷静で慎重だが、事なかれ主義。
どこか社会を冷めた目で傍観しているタイプだ。
ところが本書には、彼と相反する西島という男が登場する。
思い立ったら即行動。独特の理論で周囲を論破する近視眼型タイプ。

彼の行動は北村をはじめ友人たちの予想を逸脱しているが
不思議とその結果は吉と出る事が多いのだ。
「一生懸命」や「努力」「熱い友情」なんて言葉が
どうもしらけがちな現代の学生生活の中において
西島のような存在は極めて特殊だ。

彼らは現代社会にどこか斜に構えて冷めた目線を送りつつ
彼らなりに現代社会の厳しさや現実を認め
それを「砂漠」としてとらえ、一瞬の大学生活を謳歌する。

北村の彼女が彼に向かって言うセリフ。
「学生は、小さな町に守られているんだよ。
町の外には一面、砂漠が広がっているのに、守られた町の中で暮らしている」

しかし西島は北村にこう言う。
「その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、
 余裕でできるんですよ。」

どこか冷めたような現代の若者たちの日常に
「西島」という古風で行動派の人間を置いた事で
薄っぺらな大学生活を鮮やかな風景に一変させたのがミソ。

ストレートな青春小説を書きにくい時代かもしれないけれど
こうした時代に爽やかな感動を呼ぶ物語に仕上げた伊坂の筆力は見事。

そして最後の卒業式に学長が社会に巣立つ学生たちに語る言葉が白眉。
さすが泣かせるよ、伊坂幸太郎!


スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:23:20 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/110-9d6b884d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。