== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ノワール ==

ブルー・ベル

アンドリュー・ヴァクス
ハヤカワ文庫(絶版)
★★★★★☆



アウトロー探偵とベルの激情が胸を打つバークシリーズの最高峰!


【あらすじ】
探偵バークに一人のストリッパーから依頼があった。
ベルと名乗るその女は大柄でグラマラスな肢体を持っていた。
彼女の話では〈幽霊ヴァン〉なる不気味な車が界隈に現れ
少女売春婦だけを次々に襲い射殺や拉致を繰り返しているというのだ。
依頼を受けたバークは真相を探り始めるが、
逆に死神の空手使いから狙われるハメになってしまう。
現代ネオハードボイルドの鬼才ヴァクスが描く
アウトロー探偵バークシリーズの最高傑作!

【読みどころとポイント】
ニューヨークのアンダーグラウンドを舞台に
アウトロー探偵バークが活躍するシリーズ第3弾。

弁護士でもある作家のアンドリュー・ヴァクスは
法の目をかいくぐる幼児虐待や性犯罪をテーマに
探偵バークとそのファミリーが犯罪者に鉄槌をくだす物語を描く。

今回も〈幽霊ヴァン〉なる不気味な車が出没し
次々に少女を手にかけていくダークな展開だ。
第1作目、2作目ともに印象的な女性キャラが出演して
バークは彼女たちの依頼で仕方無く事件に巻き込まれるのだが
今回も基本的な構成は同じ。

それでも本作がシリーズの最高傑作たる所以は
ストリッパー「ベル」の圧倒的なキャラクター設定だ。
大柄で素晴らしい肉体を持つベルは
ストリップでも官能的な動きで男たちを挑発。
バークにも持ち前の存在感でぐいぐいと迫ってくる。

時には激しく時には可愛い女豹のようにふるまうベルに
バークもいつしか心を開き彼女との愛に溺れていくが
天真爛漫で奔放に見えたベルにはどす暗い過去があった。

親しくなったバークに自らの出生の秘密を明かすベル。
その悲劇によって彼女の身体に流れる黒い血は
ベルの容姿にも影響を及ぼし心にも深い傷を残していたのだ。
バークとベルの激情的な愛を軸に物語はつき進む。

バークの脇を固める闇のファミリーの面々も健在。
スパイをつとめるオカマのミシェルや浮浪者のプロフ、
科学技術者で爆弾の扱いにたけたモグラや空手使いのマックスなど
個性豊かなやつらが物語をさらにワイルドに盛たてる。

バークとベルの狂おしいまでの激情は
物語のクライマックスに向けてぐんぐんと加速し
読む者をハイテンションのまま衝撃の結末へと導いていく。
闇の敵との激闘の末に訪れる哀切極まりないラストシーン。
結末はただひたすら悲しく読後いつまでも心に残るだろう。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:32:54 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/115-1a25c50f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。