== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

半身

サラ・ウォーターズ
創元推理文庫
★★★★



薄暗い監獄を舞台に霊媒師と令嬢のミステリアスな交情を描く一遍

【あらすじ】
1874年の秋、慰問のためにミルバンク監獄を訪れた令嬢マーガレットは
そこでミステリアスな雰囲気を持つ女囚シライナと出会った。
外界と隔てられた薄暗い監獄の中で語られる不思議な言葉。
霊媒の力を持つと言うその女囚の慰問を繰り返すうちに
マーガレットは次第にシライナの魅力に取り憑かれていく。
魔術的の如きミステリアスな筆さばきが読者を眩惑し
深い闇の世界へと引きずり込むサマセット・モーム賞受賞作。

【読みどころとポイント】
ビクトリア朝時代の影の部分を描いた暗く陰湿な物語。
物語の序章は、不穏な空気と共に何が起きているかわからないまま
一人の婦人の謎めいた死のシーンで幕があがる。
そして物語は一転、一人の令嬢が慰問のためにこの監獄を訪れ
ミルバンクの奥深くへと分け入っていく陰鬱な場面へ転換していく。

舞台になっているミルバンク監獄というのが何ともおぞましい。
この監獄は石壁に囲まれた五角形の獄舎が花弁のように構成され
中央の六角形の敷地に立つ塔からすべての獄舎を見渡せるのだ。
これによって全ての囚人は四六時中監視の目にさらされていると錯覚し
やがて従順になり矯正されていくという不気味なシステムなのである。

昼間でさえ薄暗い重苦しい監獄の雰囲気を
作者のサラ・ウォーターズは圧倒的な筆致で描き出す。
この執拗なまでの筆さばきは正にウォーターズの真骨頂。
読む者を深い闇の中へとぐいぐい引きずり込んでいくのだ。

無実を訴える者、看守を襲って独房に入れられる者、
精神病の如く奇声を発する者や凶暴さを剥き出しにする者。
その中に何か不思議な雰囲気を醸し出す美しい女囚がいた。
霊媒師のシライナがマーガレットに語りかける言葉は
魔術のように彼女を眩惑し虜にしていく。

上手い。とにかく上手い。好き嫌いは別にしてこの描写力は絶品だ。
上流家庭の堅苦しい因習と閉塞感に苛まれるマーガレットと
冤罪ともとれる罪で収容されたシライナとの間に芽生える愛情が
読者の眼前に万華鏡のように妖しく展開するのだ。

この繰り返し描かれる慰問の結末に訪れる驚愕のラストは
ここまでのプロセスがじっくり描かれているだけに効果は絶大。
何とも恐ろしく残酷な物語。やはりウォーターズはただ者では無い。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:21:23 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/118-ee82f17a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。