== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== マンガ ==

COPPERS

オノ・ナツメ
講談社モーニングKC
★★★★



ニューヨーク市警51分署の警官たちの活躍を乾いたタッチで描く短編集

【あらすじ】
アメリカニューヨークのブロンクス地区にある
NYPD(ニューヨーク市警)51分署の警官たちは実に個性的な面々。
各々独自のスタイルで今日も大都会の片隅でパトロールに奔走中。
大都市ニューヨークに渦巻く警官と市民の人間模様を
乾いたタッチだけれどハートウォーミングに描く
オノ・ナツメ版、アメリカ警察ドラマの傑作!

【読みどころとポイント】
それにしても、オノ・ナツメはいい。
どこか乾いたタッチで登場人物のセリフも最低限。
タッチもカット割りもイラストレーションっぽくて
マンガっぽくないんだけれど
この作風が本作に実にマッチしてるんだな。

多くの言葉を語らない登場人物一人ひとりは
それなりに悩みや課題を抱えているけれども
心の奥底に警官であることの矜持を持っている。
そんなニューヨーク市警の警官たちを軸に進むストーリーは
大都会に渦巻く人間模様をいきいきと描き出しているのだ。

当然ながらマクベインの「87分署シリーズ」を意識しているだろうけど
あまり派手なアクションや陰惨な事件は起きず
静かだけれど心地よい余韻と感動のあるストーリーが展開。

常に冷静沈着、部下からの信頼も厚い警部補ヴォス。
のんだくれの万年ヒラ最古参刑事、心優しき庶民の味方タイラー。
交際相手からプロポーズされ、警察を辞めるべきか悩む女警官モーリーン。
自己管理力ゼロのお調子者、新米刑事のヴァル。
ヴァルのような問題児の教育を押し付けられる模範刑事キース。
気弱で何をやってもうまくいかない内勤巡査のハウスマン。

一人ひとりのキャラクターも実によく立っていて
読み終えた後でも、何度も彼らに会いたくなってしまう。
今のところ2冊のみであるが、Season1となっており
作者によると、今後の続編も予定されているらしい。
早く彼らにまた会いたいものだ。



スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:01:45 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/122-02737c50
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。