== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ノワール ==

明日への契り

ジョージ・P・ペレケーノス
ハヤカワ文庫
★★★★★



男たちの生きざまと哀しみ、そして誇りを高らかに描いた傑作

【あらすじ】
ワシントンDCでレコード店を営むマーカス・クレイは
相棒のディミトリ・カラスと4つ目の新しい店を開いたところだ。
その店の前でスピードを出しすぎた自動車が事故を起こし車は炎上。
たまたま近くに居合わせた白人の若者が
炎上する車の中に大金を見つけ持ち去ってしまう。
その金は、実は地元を牛耳るコカインの売人タイレルのものだった。
偶然現場を目撃した少年アンソニーからその話を聞いたマーカスは
彼に危険が及ぶ事を案じたが、やがて組織の手は徐々に少年に迫ってきた。
ワシントンDCの裏面史を描くサーガ第3弾。

【読みどころとポイント】
1作目の『俺たちの日』でペレケーノスのファンになった人も多いと思うが
今回もその期待を裏切る事無く素晴らしく感動的な物語に仕上がっている。

舞台となっている1980年代のワシントンDCは街が腐敗し
90年初頭には市長までが麻薬所持で逮捕されるほどの状況だったそうだ。
そんな汚れた卑しい街を舞台に生きる男たちの夢や挫折、
哀しみ、そして誇り高き生き様を実にいきいきと描かれている。

妻や息子と別れ失意にありながら復活にかけるマーカス、
出来心で大金を盗んでしまった若者エディ、
ヤクに日々逃避するろくでなしのディミトリ、
盗難現場を偶然見かけた貧しくも純粋な心を持つ少年アンソニー、
街を牛耳る売人タイレルと冷酷な手下たち、
タイレルから賄賂をもらいながら街を徘徊する警官。

さまざまな事象が複雑にからみあいながら
誰もが逃れられない状況がつくられていき
それが徐々に沸点に達しクライマックスへなだれこむ。
頁をめくる手が徐々にスピードアップしていく興奮。

ノワールとしての緊迫感ももちろんよく出来ているのだけれど
それよりも随所に織り込まれるエピソードが実に感動的。
アンソニーに別れた息子を重ね合わせ手を差し伸べるマーカス。
悪事に手を染めながらも心を病む妻を思いやる警官ケビン。
どれもこれもが一読忘れ難い名シーンなのである。

本3部作の前に既にワシントンDCを舞台にした2作があり
この後にもサーガ完結編の『生への帰還』が続いている。
登場人物が何世代かにわたって描かれていくこの物語は
すべて読破しなければならないと改めて心に誓った。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:17:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/123-15084230
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。