== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内小説 ==

武士道エイティーン

誉田哲也
文春文庫
★★★★★



青春エンターテインメント「武士道シリーズ」、感動の完結編。

【あらすじ】
宮本武蔵を心の師と仰ぐ磯山香織と、日舞から剣道に転進した甲本早苗。
彼女たちもついに三年生。最後のインターハイでの決戦は目前だ。
部下の指導に頭を悩ます香織、思わぬアクシデントに見舞われる早苗。
二人の勝負のゆくえはいったいどうなるのか?
オールキャスト総登場でおくる感動のクライマックス。
青春エンターテインメント「武士道シリーズ」、堂々の完結編。

【読みどころとポイント】
既に読んでいたのだけれど、随分レビューが遅くなってしまった。
シックスティーン、セブンティーンと続いてきた3作目の完結編。
結論から言うと、完結編にふさわしい出来映えだった。

宮本武蔵を崇拝する一匹狼の女剣士「磯山香織」も剣道部の主将。
剣道部をまとめあげていく事に難儀し、後輩の指導にも頭を悩ます毎日。
そもそも自分勝手に生きてきた人間がはじめて剣道部を俯瞰し
リーダーシップを発揮していくのだから無理も無い。

一方、福岡南高校に転校したライバルの甲本早苗も
思わぬアクシデントに見舞われ、香織との闘いの前に
大きなハンデを背負ってしまう。
もともとお気楽に剣道をやってきた早苗が
この危機をどのように乗り越えて行くのかも見どころ。

本書の楽しみはそれだけでなく、脇役の銘々伝もなかなか読ませる。
香織の師匠「桐谷隆明」が道場を開いたいきさつや
早苗が所属する福岡南高校の顧問「吉野先生」の血風録、
モデルをめざす早苗の姉「緑子」の恋愛話まで、
とにかくオールキャスト総登場、サービスたっぷりの完結編だ。

とにかく、武士道シリーズは面白かった。
武士道という見立ての中で、香織と早苗の「心の間合い」や
一人ひとりの生き方、人生観を鮮やかに描き出した点が素晴らしい。
3年間が輝いていただけに、ラストはほんの少し寂しいけれど
それもまた人生。香織と早苗、二人の未来に幸あれ!
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:42:22 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/130-f97e38c7
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。