== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

苦い林檎酒

ピーター・ラヴゼイ
ハヤカワ・ミステリ文庫(絶版)
★★★



英国のリンゴ園で起こった殺人事件の真相をたどる芳醇なヴィンテージ・ミステリ

【あらすじ】
イギリスで大学講師をするセオの元へアメリカ娘のアリスがやってきた。
彼女は戦時下のリンゴ園で起った殺人事件をめぐる裁判で
有罪となり死刑に処せられた米軍兵士デュークの娘だった。
セオは当時、デュークに不利な証言をしてそれが判決に影響を与えた。
アリスは父親の無実をはらそうと、セオを訪ねてきたのだった。
あれは冤罪だったのか?20年前の殺人事件の真相は…。

【読みどころとポイント】
ヴィクトリア朝を舞台にした歴史ミステリを得意としてきたラヴゼイが
第二次大戦中に時代をうつして書き上げたミステリ。

戦時下、当時9歳だったセオは、ロックウッド夫妻の経営するりんご園に預けられ、
夫妻の娘である19歳のバーバラに可愛がられた。
やがてデュークとハリーというアメリカ兵がりんご園を訪れるようになり
バーバラとも親交を深めるようになっていった。

一方、近隣に住む臨時雇いの青年クリフ・モートンが
バーバラにつきまとうようになり暴行事件を起こしてしまう。
そして、クリフは失踪。バーバラは自殺をした。
ところが林檎酒を作る発酵桶の底からクリフの頭蓋骨が見つかったのだ。

バーバラと恋愛中だったデュークの発作的な殺人と見なされ
二人の関係を裏付けるセオの証言もデュークの有罪を後押しすることに。
目撃者不在のなか、状況証拠でデュークは死刑確定となってしまったのだ。

う〜ん、なかなかよく出来ている。まず、テーマと舞台設定が良い。
ほろ苦くも甘い林檎酒の香りと、年上の美しい娘への憧憬が
何とも言えぬ郷愁感を誘う芳醇なヴィンテージ・ミステリとなっているのだ。

そしてもうひとつ、この小説のポイントは、
少年の頃の甘酸っぱい淡い恋心や、純朴な心の中に芽生える大人への憧れが
極めて重要なミステリの要素になっていることだ。
これ以上、詳しくは書けないが、ラヴゼイが仕掛ける巧妙な演出に
読者も知らず知らずのうちに騙されてしまうのではないだろうか。

難点をあげれば、大人になった主人公セオの個性がやや乏しく
当時のデュークやバーバラとの交流の書き込みが足りないため
真相究明の行動の必然性や真相解明後のカタルシスが弱いところだろうか。

とは言え、秋深まるこの時期に、林檎酒を片手に香りを楽しみながら
クラシックなミステリを堪能するのも良いのではないだろうか。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:07:32 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/131-39c26d24
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。