== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

白夜に惑う夏

アン・クリーヴス
創元推理文庫
★★★☆



白夜のシェトランド島に起こった事件をめぐるペレス警部の活躍

【あらすじ】
イギリス最北に位置するシェトランド島に白夜の夏が訪れた。
地元警察のペレス警部は恋人のフランに付き添って
彼女が友人のベラと共同で開催する絵画展に赴いた。
そこでペレスは、一枚の絵を前に急に嗚咽する奇妙な男を目にする。
その後、その男は逃げるように会場から姿を消し
後日、その男とおぼしき者が死体で発見され殺人と断定される。
この男は一体何者なのか?犯人は島の住民か?
アン・クリーヴズが贈るシェトランド四重奏の2作目。

【読みどころとポイント】
冬が長いシェトランドでは、夜なお明るい白夜が
住まう人々を躁状態にさせてしまうそうだ。
夏だというのに、物語全体に何となく鬱陶しい雰囲気が満ちている。

本作も前作同様、島内で殺人事件が起こり
ペレスが島民一人ひとりにじっくりと話を聞きながら
徐々に事件の真相に迫って行くストーリーだ。

筋立て地味ながら、あいかわらずシェトランド島の風景描写と
島の人々のキャラキターや生活ぶりを丁寧に書いている。
謎解きよりも、ペレスと島民の対話を通して
都会から離れた彼らの飾らない暮らしぶりと、
人生の喜びや哀しみ、ささやかな夢を垣間見て行くことがこの物語の醍醐味だ。

また、物語の横軸としてバツイチどうしのペレスとフランが
お互いに気をもみながら愛情を深めて行くプロセスが描かれ
これもまたひとつの読みどころとなっている。

今回もプロットは地味だが、冒頭でいくつかの魅力的な謎が提示され
真相もかなり後半にならないとわからない構成となっており
ミステリとしても、かなり期待をもって読み進めたのだが
この点に関してはやや期待不足という感は否めかった。

いくつかこの点での課題をあげるとすれば、
全編にわたってぎっちり書きこまれた島民への聞き込み内容が
真相解明にあまり役立てられていないこと、
後半に真相解明の重要な手がかりとなる「ある物」が発見されるが
その提示がかなり遅く、逆に発見以降の解決があまりにあっさりすぎること。

ミステリとしての完成度はやや弱いものの
それでもこのシェトランドシリーズは読み応えがある。
何しろ、後半まで読むと
“島の人々を誰も犯人にしたくなくなる”のである。
シェトランド四重奏の3作目にも大いに期待をしたい。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:11:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/132-855e4803
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。