== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

狙われた大リーガー

ウィリアム・G・タプリー
扶桑社ミステリー文庫(絶版)
★★★



元大リーガーの息子誘拐事件に隠された陰謀に挑む弁護士コイン

【あらすじ】
ボストンで弁護士を営むブレイディ・コインは
クライアントの一人であるサム・ファリーナから
将来を期待された豪腕投手エディ・ドナガンの代理人になるように頼まれる。
その後エディは無事ボストン・レッドソックスに入団し
入団当初から連勝を重ね順風満帆のすべり出しに見えたが
一年目の後半から調子を崩し、その後失踪事件をおこし球団を解雇されてしまう。
退団後は妻とも離婚し細々と生計を立てるエディだったが
ある日、エディの息子のE・Jが誘拐され身代金の要求が来る。
そして、何故か犯人は身代金の配達係にコインを指名してきた。

【読みどころとポイント】
ボストンで金持ちのクライアントの弁護士業務を本業とするコインが
本書では選手のエージェントという立場で事件に関わることに。

日本人の多くがメジャーで活躍する今日、
スポーツエージェントの存在は特に珍しいものではないのだが
本作が出版(サンケイ文庫版)された1987年頃は
日本人にも馴染みが薄い職種だったにちがいなく
ストーリー的にも野球王国アメリカならではの設定といえる。

本作はミステリとしてはいたってシンプル。
プロスポーツの選手が巻き込まれる犯罪としての目新しさは無く
物語の経緯から大方の真相の察しはついてしまう。

ただし、つまらないかと言うとそうではなく
誘拐されたのが子どもなので全体的に緊張感も漂い
派手なアクションを好まない?都会派弁護士のコインが
渓谷で犯罪者とのワイルドなチェイスを繰り広げ
ハラハラ感たっぷりの演出も織り込まれている。

ダイナミックな自然の描写は相変わらず上手く
アウトドアライターをしていたタプリーの才が如何なく活かされ
このシリーズのひとつの読みどころともなっている。

犯罪に巻き込まれた選手と家族をめぐる愛や交流、葛藤も
なかなか良く描けていて読ませるし
物語のエンディングの刑事とコインのやりとりも良い。

タプリーは既に亡くなり、日本ではあまりメジャーになれなかったが
私の好きな海外ミステリ作家の1人だった。
上辞された作品はあまり多くはないが、
これからも少しずつ紹介していきたいと思っている。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:42:42 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/134-e1b4b34e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。