== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== サスペンス ==

つなわたり

ハヤカワ文庫
ピーター・ラヴゼイ
★★★



終戦後のロンドンを舞台に対照的な二人の女性が計画する危険な交換殺人

【あらすじ】
第二次大戦が終了し、平和を取り戻したロンドンで
二人の女性が偶然の再開をした。
戦時中は空軍司令部に所属していた二人だが
現在は既に結婚して夫がいる身であった。
一人は公務員の夫を持ちつつましく生活するローズ。
もう一人は富豪の夫の財産を湯水の様に使うアントニア。
生活も性格も対照的な二人だったがひとつだけ共通点があった。
それは、今の夫がうとましく邪魔な存在であること。
そして、ある日アントニアがローズに危険な計画をもちかけた。

【読みどころとポイント】
サスペンスで昔からよく使われる「交換殺人もの」である。
代表的な作品ではパトリシア・ハイスミスの「見知らぬ乗客」があり
ヒッチコック監督の映画作品としても有名である。

交換殺人は、まず2人の人間がそれぞれに殺したい相手がいて
自分で直接手を下さずに、相手に代行して殺人をやってもらうことである。
犯罪としての利点は、自分で直接手を下さないため足がつきにくい事。
逆に課題は、各々が予定通り殺人を遂行する事である。

この交換殺人、大抵は片方が先に殺人を犯すのだが
もう一人が躊躇して殺人が決行されない事が多い。
本書もアントニアが先に殺人を決行するものの
ローズが犯行を躊躇し、そこから計画の歯車が狂ってくる。

ローズにしてみれば自分の夫の不可解な死で
警察当局や関係者の視線が気になり
アントニアからも犯行を強要されることで
ここに強烈なサスペンスが生まれるという訳だ。

この流れはまあ、王道で特に目新しいものはない。
本作のポイントは交換殺人の計画者が二人の女性だということ。
ローズとアントニアに生まれる妬みや嫉妬、嘘や裏切りが
何とも嫌〜な雰囲気を醸し出してサスペンスを盛り上げるのだ。

難点はやや結末が強引で尻切れトンボのような印象を受けること。
よくある題材だけに、ラストのオチにもう少し工夫が欲しかった。
とは言っても、1989年の作品だからまあ仕方無いか。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:01:28 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/136-003d1f95
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。