== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 冒険小説 ==

仏陀の鏡への道

ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
★★★★



文化大革命後の中国を舞台に探偵ニールが悪戦苦闘するシリーズ第2弾

【あらすじ】
ヨークシャーでひっそりと生活する探偵ニールの元に
またまたやっかいな仕事が持ち込まれた。
強力な植物成長促進エキスを作り出した有能な化学者が、
中国娘に心を奪われ、行方知れずとなったらしい。
渋々ながらも仕事を引き受け、香港に飛んだニールだったが
そこには想像も出来ない苦難が待ち受けていた!
文化大革命後の混乱冷めやらぬ中国を舞台に
探偵ニールが悪戦苦闘する人気シリーズ第2弾。

【読みどころとポイント】
文化大革命後の中国を舞台にして
とにかく、よく頑張って書きました!という感じ。
文革に関わる中国の社会背景をかなり調べたものと思う。

文革後の混乱と水面下での反体制者の攻防
謎の中国美女と米国科学者の亡命、CIA職員の暗躍など
いろんなネタを複雑にからませながら
骨太のストーリーに仕上がっている。

内容も探偵小説というより冒険小説に近い仕上がり。
1作目で軽口を連発していたニール君に
これでもかという試練が襲いかかる。
魔の九龍城で軟禁されたニール君の何と哀れなことよ。

しかしながら、文革に対する実質的な認識が乏しい私としては
やや助長な背景の説明がかえって煩わしく感じられ
前作のようなスピード感が無かったのが残念。
冒険小説としての仕立てと物語のリズム感が合わないのだ。

全体的に作者の書きっぷりの苦労が行間から感じられ
もうひとつ小説にのめりこむ事が出来なかったというのが本音。

それでも、ニール君が真面目な中国人の通訳の青年に
スラングを教えて徐々に打ち解けて行くシーン等は十分笑えるし
後半の神の頂への登攀シーン等はかなり良い出来。
山岳で迫り来る敵との攻防もスリリングでよろしい。

ラストのまとめ方はやや強引さを免れない印象ではあるが
この難しい時代の中国を舞台を設定した意気込みは買いたい。
さて、次は評価も高い3作目「高く孤独な道を行け」だ。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:45:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/139-ec706f07
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。