== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ノワール ==

ハード・キャンディ

アンドリュー・ヴァクス
ハヤカワ文庫
★★★☆



ニューヨーク暗黒街に巣食う秘密教団に挑むバークの活躍と葛藤を描く第4弾


【あらすじ】
最愛のブルー・ベルの死を想いを今だ断ち切れないバークのもとへ、
旧友の女性キャンディから連絡が入った。
エルヴァイラという15歳の娘を、ある教団から救い出してほしいというのだ。
教団に赴いたバークは娘の救出に一旦は成功するものの
事の背景はそう簡単なものではなかった。
ニューヨークの裏社会を巧みに描き出したシリーズ4作目。

【読みどころとポイント】
今回もニューヨークのアンダーグラウンドでハードな闘いが展開する。
あいかわらずの大都市の裏社会のリアリティある描写が秀逸である。

今回は一流の娼婦となった幼なじみの女性からの依頼が発端。
娘の救出に向かったバークだったが、教祖はあっさりと身柄を引き渡し
逆に、自分をつけねらう暗殺者からの襲撃を防ぐための相談をバークに持ちかけるのだ。
その男は、バークが最も恐れる殺人鬼「ウェズリィ」だった。
ウェズリィもまたバークにとっては旧知の間柄なのだ。

本作はシリーズ1作目の「フラッド」、2作目の「赤毛のストレーガ」
そして3作目の「ブルー・ベル」の節目となる重要な作品である。
これまでの仕事でたまったツケにバークは決着をつけなければならない。

前作では、ある理由から仕事を外されていた盲目の戦士「音なしマックス」や、
闇の技術者であるモグ ラ、予言者のプロフェット、オカマのミシェル等、
いつものバークファミリーも総登場。その活躍もいつもに増して健在だ。

今回もミステリアスな悪女と強烈な殺し屋が登場するのだが
物語は単純な敵との闘いといった内容ではなく
ニューヨークという大都市の闇に巣食う犯罪との闘いがテーマである。

裏社会に生きながらも非常に徹する事のできないバーク。
ある時、バークはウェズリィにこう言う。
「おれはあんたになりたかったんだ」と。

物語のラスト近くにキャンディはバークにこう言う。
「あなたは弱くて、やわな男よ。けっしてハードじゃなかった。」

闇社会の悪を糾弾するスーパーヒーローでもなければ
犯罪者に徹するヒールでもないバークの心の葛藤は
これからも続いていくのだろうか…。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:03:20 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/143-91588762
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。