== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内時代小説 ==

秘太刀「馬の骨」

藤沢 周平
文春文庫
★★★★



派閥争いの歴史の影に消えた幻の剣技の行方は?

【あらすじ】
北国の小さな藩で近習頭取をつとめる浅沼半十郎は、
筆頭家老から「馬の骨」と呼ばれる秘太刀(ひだち)の存在について聞かされ、
小出の甥の石橋銀次郎を手伝い、秘太刀の継承者を探せとの命を受ける。
かつての派閥争いの暗殺につかわれたと言われる
幻の剣「馬の骨」は本当に存在するのか?
何故今になって家老は「馬の骨」を調べようとするのか。
秘太刀探索を命じられた半十郎と銀次郎は、
藩内の剣客ひとりひとりと立合い、
己の剣技をもって秘剣の存在をつきとめようとする。
半十郎がたどりついた真相とは?

【読みどころとポイント】
藤沢周平の隠れた逸品とも言われる作品。
もともと藤沢はミステリが大好きで
彼の著書には謎解き色が濃いものも多い。
この物語では
秘太刀と呼ばれる「馬の骨」は存在するのか?
存在したとしたら「継承者」は誰か?
筆頭家老の真の目的は何か?
といった謎が冒頭から提示される。
読者は半十郎の目線で
その謎を追う楽しみが用意されているという訳。
それも剣の立ち会いを通して、ですよ。
どうです、魅力的でしょ!

それにしても、藤沢周平は
江戸時代のサラリーマンを書かせると天下一品
派閥争いの中で不安を抱えつつも
組織の中を泳ぎながら
自分の生き方を全うしようとする半十郎の姿に
現代のサラリーマン諸氏は共感すること請け合いです。
圧倒的なヒーロー像を俯瞰した視点から描く司馬遼太郎とは対照的です。
心を病む妻の杉江の存在も
こうした演出に一役かっているのです。
う~ん、うまい!
サラリーマンなら絶対に読みなさい!(笑)

ここで注意!
文春文庫の出久根達郎氏の巻末解説は
絶対に先に読んではいけません。
それから最後まで本書を読んだ方は
必ず巻末解説を読むべし。
これ以上は読んでからのお楽しみということで!
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/15-b528c511
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。