== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

荊の城

サラ・ウォーターズ
創元推理文庫
★★★★★



19世紀のロンドンに繰り広げられる運命のドラマ。その結末は…?

【あらすじ】
19世紀ビクトリア朝のロンドン。下町で掏摸を行う17才の少女スウに、
知り合いの詐欺師からウマい話が持ち込まれる。
郊外の古城に住む令嬢を騙して財産をそっくり頂こうというのだ。
その令嬢は、蔵書狂の伯父のもとで、世間と隔絶した暮らしをおくっている。
詐欺師は、装丁家として城に入り込み、令嬢を妻にするという。
スウには、令嬢の待女として城に仕えてほしいと。
不安をいだきつつも企てにのるスウ。
しかしそこには思いもよらぬ運命が待ち受けていた。

【読みどころとポイント】
19世紀のロンドンの描写がまず素晴らしい。
貴族の生活と貧民街のすさんだ暮らしの対比もリアルだ。
ロンドンの下町で裏家業を営む家で育ったスウが、
貴族の生活に入り込むスリリングさ。
そしてその舞台となる場所は、俗世間から隔絶された城だ。
ここには、この物語の、もう一人の主人公となる令嬢モードが住んでいる。
彼女に罠をかけようと乗り込んだスウだったが、
いつしかモードとの交情が芽生え、
そしてそれが予想もしない悲劇へとつながる事になる。
この物語は、第1章の終わりに、まず読者が驚愕する仕掛けが用意されている。
著者のサラ・ウォーターズは、
登場人物の心情と悲劇に至るまでのドラマをじっくりと描き出すので、
ことさら物語が反転した時のショックは凄まじいのである。
物語の背景にある大きく悲しい謎。
これが二人の少女をさらに大きな悲劇へと導く。
謎解きの面白さよりも、とにかく二人の運命は一体この先どうなるのか?
それを知りたくて、誰もがページを繰る手を止められなくなる。
『2004年度このミステリーがすごい!』の堂々第1位を獲得した
文句無しの傑作だ。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/2-4abe7296
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。