== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 児童書 ==

ドリトル先生航海記

ヒュー・ロフティング
岩波書店
★★★★☆



動物語を話すドリトル先生が幻の島を目指す大冒険の航海記!

【あらすじ】
ドリトル先生は知る人ぞ知る博物学者。何と動物の言葉を話せる特技をお持ちだ。
しょっちゅう世界の秘境を渡り歩く日々。
今回も助手を申し出た靴屋のむすこのトミー少年を加え、
ドリトル先生自身が大博物学者と崇拝する
ロング・アローなる人物をさがしに大冒険の旅へ出発!
目指すは大海原を浮遊する幻の島「クモサル島」だ。
密航者に積み荷や金を盗まれたり大荒れの海で船は大破。一難去ってまた一難。
果たしてドリトル先生一行はロング・アローを探し出し
無事故郷に戻ることが出来るのか??


【読みどころとポイント】
実に30年以上前に読んだ本の再読。
このシリーズだけはどうしても捨てられずに
書棚にひっそりとしまい込んでおいたのだ。

奥付の増刷録を見ると、どうやら私は小学校5年生の時に読んだものらしい。
当時学校でドリトル先生を読むのが流行っていて
夢中でシリーズを読みあさった記憶がある。

読まれていない人のために(いるのかな?)
ちょっとだけドリトル先生についてご紹介。

ドリトル先生は世界を旅する博物学者で、
先生が住んでいるのは、イングランドの湖沼地方をモデルにした、
「沼のほとりのパドルビー」という架空の町である。
シルクハットに燕尾服、パイプ煙草を愛飲する小太りの英国紳士で
特技は何と動物の言葉を話せること。
パドルビーのドリトル先生の屋敷はさながら動物園で
たくさんの動物と一緒に住んでおり家政婦は何とアヒルがつとめている。

本作は、ドリトル先生も世界一の博物学者と信ずる
ロング・アローなる人物を探しにいく物語。
行き先は、海上を浮遊する所在地不明のクモサル島。
物語も起伏に富んだドリトルシリーズの代表作だ。

それにしても記憶が薄れていたとはいえ
ドリトル先生はかくもアグレッシブな先生だっただろうか。
航海記を読み直して改めてビックリしてしまった。

ふだんの性格はいたっておだやかだが、
状況により勇猛果敢でワイルドな冒険家に変身してしまうのだ。

あの体型で闘牛と曲芸するパフォーマンスを披露したかと思えば、
船がバラバラになってしまう暴風雨の海でも豪腕の船長ぶりを発揮。
とある島の原住民たちの戦に自らこん棒を手に飛び込んでいく場面にいたっては
いや~あっぱれ。恐れ入りましたって感じ。
ほとんどこれは航海記といよりはドリトル先生冒険記だ(笑)

周りも固めるキャラクターたちも個性的だが
本作ではオウムのポリネシアが助演賞。
年齢百歳を超える大長寿のこのオウム。ちょっと口がすぎるけれど
この冒険行では、幾多の困難を明晰な頭脳で解決に導く名参謀を演じる。

この航海から先生の助手をつとめることになったのが
靴屋の息子のトミー・スタビンズ。
好奇心旺盛なトミー少年の登場により、
読者はドリトル先生の活躍ぶりを
助手というごく身近な目線でとらえることができるようになったわけだ。

ヒュー・ロフティングのほのぼのとした挿絵も素晴らしく
井伏鱒二先生の訳もユーモラスで心が和む。
かつて僕もドリトル先生を読みながら
トミー少年のように見果てぬ世界に夢を見、先生の冒険に心躍らせた。
本書を読み返して改めて、
ドリトル先生は私の読書の原点だと思った。
永遠に読み継がれて欲しい名作。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:30:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/24-1a89684a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。