== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 映画 ==

シャーロックホームズ



★★★★
[監 督]ガイ・リッチー
[出 演]ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムスほか
[データ]2009年/イギリス/ワーナー・ブラザース映画


ホームズ&ワトソンが黒魔術を操る悪と対決するアクション・エンターテインメント

【あらすじ】
19世紀末ビクトリア朝のロンドン。ホームズとワトソンは、黒魔術の儀式で若い女性を次々に生け贄にするブラックウッド卿を逮捕する。彼は絞首刑となるが、後日墓は破壊され処刑されたはずのブラックウッドが蘇り、ふたたびロンドンは恐怖に包まれる。黒魔術で市民を洗脳し世界の支配をたくらむブラックウッド卿。ここに壮絶な闘いの幕が上がる。

【観どころとポイント】
や~、とにかく一般的に知られる
パイプをくゆらせ思考をめぐらすホームズの紳士像を
見事なまでに徹底的に払拭した。

ロバート・ダウニー・Jrが演じるホームズは
アクションバリバリの格闘家。
敵の大男との素手の格闘、爆発する現場からの決死の脱出、
ロンドンの高層窓からテムズ川へのダイビングと、
とにかく次から次へとアクションが連続する。

冒頭の殺人現場の急襲場面からラストの格闘シーンまで
ガイ・リッチー監督は息もつかせぬノンストップの
ハイテンション・エンターテインメントムービーを創り上げた。
映像のテンポも速く画面の切り替えも頻繁だが
お得意の時間巻き戻しリプレイを随所に織り込み
緩急の差をつけ見落とした伏線や手がかりもきっちりフォロー。

産業革命で発展をとげたイギリスのよどんだ空気感や重く沈鬱な曇り空、
建設中のタワーブリッジが架かる薄汚れたテムズ川など、
当時のイギリスの情景が、彩度を抑えた映像表現とあいまって、
実に雰囲気たっぷりと描かれている。

かつてホームズをあざむいた美形の女盗賊アイリーンも
敵方ブラックウッド卿の陰謀に一役買っておりホームズを翻弄。
危険なロマンスの香りも十分だ。

ホームズはもちろん頭脳明晰だが
暴走が過ぎて窮地に陥る状況も連続する。
逆にワトソンが暴走するホームズに手を焼きつつも
土壇場で助けにまわるという場面も多い。

ホームスはとにかく捜査でハイテンションだから
オンとオフの落差が激しく、これといった事件が無い時は
引きこもりの鬱状態になってしまうという設定も笑える。

ジュード・ロウのワトソン役はカッコよすぎて
主役のロバート・ダウニー・Jrを喰うこともしばしば。
二人の競演も観どころのひとつだ。

敵方の黒魔術を操るブラックウッド卿役のマーク・ストロングも
なかなかの怪演を見せるも、ラストの攻防が若干あっけなかった。
まあ、最大の黒幕モリアーティ教授との対決はお預けとなり
次回作も多いに期待が持てそうだ。
スポンサーサイト

┃ テーマ:映画レビュー ━ ジャンル:映画

┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 23:31:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
バンコランさん☆こんばんは
今までにないイメージのホームズは新鮮でしたね。
モリアーティ教授との対決が楽しみで~す!
映画版 ホームズ
レビュー待っていました。
なんか、アクション系の映画みたいですね、。
時間巻き戻しプレイで、伏線チェックですか、、。
反則技っぽいですが、ちょっと気になります。
Rokoさんへ
映画は良かったのですが
パンフレットが売り切れでした(涙)
何とか手に入れなければ。
indi-bookさんへ
とにかく映画のテンポが早いので、
手がかりやヒントに注視しながら観るのは無理ですね。
ビデオが発売されたら、時間巻き戻しリプレイで指摘された箇所を、もう一度最初からおさらいしながら見直すなんてのも面白いかも。
「あ、確かに映ってる!なんてね」(笑)





        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/30-3240ec36
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。