== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 海外文学 ==

旅の終わりの音楽

エリック・フォスネス・ハンセン
新潮クレスト・ブックス
★★★★☆



豪華客船タイタニック号に乗り合わせた楽団員たちの最終楽章

【あらすじ】
沈みゆくタイタニック号の船上で、乗客のために最後まで演奏を続けた楽団員たち。
彼らはいったいどんな人生を歩みどのように運命の船に乗り合わせたのか?
タイタニック号沈没の史実に、架空の楽団員たちの運命をかけあわせ
夢破れた者たちの人生の喪失とヨーロッパ文化の没落を描いたベストセラー。

【読みどころとポイント】
さて、この感動をどのように表現したら良いのだろう。
この美しくも痛ましい喪失の物語の前には
どんな言葉も陳腐になってしまうかもしれない。

映画タイタニックが大ヒットしたのは1997年。
沈没寸前まで乗客を勇気づけるために演奏を続けていた
楽団員たちの姿を目に焼き付けている人も多いだろう。

この物語はタイタニックと共に海の底へと消えた楽団員たちをモデルに
作者のハンセンが架空の楽団員たちを想像し
かれらの人生を克明にたどったフィクションである。

豪華客船タイタニック号はヨーロッパが築き上げた
技術や文化の象徴であり人々の大いなる夢でもあった。
そういう意味でタイタニックの沈没は
急速に発展した科学技術と華やかな文化に浮かれたヨーロッパ社会に
大きな警鐘を鳴らす象徴的な出来事と言える。

そんな運命の船に乗り合わせた楽団員たちもまた、
将来を嘱望され才能がありながらも
夢破れ没落の人生を歩んだ落伍者ばかりだ。

父母の死をきっかけに人生の流転を迎える者、
才能を生かしきれず転落した音楽人生を歩む者、
ふとしたことから犯罪に手を染める者
純粋すぎる愛情ゆえに恋敵に銃を向けた者…。

皮肉にも彼らは、運命の糸をたぐり寄せられるかのように
あのタイタニック号に乗り合わせることになったのだ。
私は本書を読んで、生きていくことの難しさと素晴らしさを
あらためて考え直した。

本書を読み始めるすべての読者は
彼らがどんな結末を迎えるのかを知っている。
そして知りつつ読まなければならない。

夢破れた落伍者たちがタイタニック号で奏でる
人生最高の最終楽章をすべての人に聞いて欲しい。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:46:24 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/32-e1bc8f47
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。