== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ハードボイルド ==

ブラック・アイス

マイクル・コナリー
扶桑社ミステリー
★★★★★



新種の麻薬ブラック・アイスの大規模な密輸ルートに挑むボッシュの孤独な闘い

【あらすじ】
クリスマスの夜、ハリウッド署殺人課刑事のハリー・ボッシュは、
警察の無線スキャナーで刑事と思われる死体がモーテルで発見された事を知った。
現場に駆けつけたボッシュだが、ロス市警の幹部から捜査を外れよとの命令が下る。
死体は頭部をショットガンで吹き飛ばされており身元判別不明だったが、
指紋照合の結果、死体は同じハリウッド署の麻薬課刑事ムーアと推察された。
ムーア刑事はブラック・アイスと呼ばれる新種の麻薬を追っている最中だった。
警察の上層部は自殺として処理しようとするが、
死体発見現場の不審点に気づいたボッシュは単独で捜査を開始。
やがてメキシコとアメリカをむすぶ大規模な麻薬密輸の実態が浮かび上がり
ボッシュは単身でメキシコに飛ぶが…。

【読みどころとポイント】
人気ミステリ作家マイクル・コナリーが書くハリー・ボッシュシリーズ第2弾。
今回はアメリカとメキシコをむすぶダイナミックで骨太なミステリとなっている。

ボッシュはかつて、連続殺人事件の犯人に対する判断ミスの射殺で
LA警察署殺人課から「ロス市警の下水」と揶揄されるハリウッド署に左遷。
日頃から上層部と事あるごとに衝突し署内でもはみ出しものである。

上司のパウンズは真相解決よりも犯罪検挙率の数にしか興味なく
ボッシュを煙たがりながらも彼の検挙率の高さから
他部署への異動を躊躇せざるをえない小心者の役人だ。

組織対個人という図式を抱えつつ、麻薬王ソリージョと対決すべく
単身でメキシコに渡るボッシュ。
警察署内部にソリージョとの密通者がいると噂されるメキシコでの単独行は
まさにハラハラドキドキ。いやが上にも緊張感が高まる。

地元警察との共同による大規模な麻薬工場への強行突入シーンは
ハリウッドの映画を見ているような緊迫感あふれる描写。
ぞくぞくするようなスリリングな銃撃戦も見所たっぷりだ。

「おれは自分がなにものかわかった」という
謎めいたムーアの遺書に隠された真実を洗い出すうちに
ボッシュ自身も幼かった頃の孤独感を改めて見つめ直す事に。
事件の真相を追うプロセスは
同時にボッシュの過去を彼自身が再認識する過程でもあるのだ。
この点もハリー・ボッシュシリーズを高みに押し上げている要因だと思う。

ムーアの死体発見からメキシコへの単独行、ムーアの妻シルヴィアとの交情、
クライマックスの麻薬工場急襲シーン、そしてラストの意外などんでん返しまで
スキの無いプロットがこれでもかと続く屈指のエンターテインメント。
本書「ブラック・アイス」は、人気を呼んだ前作「ナイト・ホークス」を
ストーリー、プロット、アクションすべてにおいて大きく凌いだ傑作だ!

「なんにもならないことになぜすべてを賭ける?」 という上司の問いかけにも
自己の生き方をかたくなに曲げないボッシュ。
ボッシュは果たしてこれからどこへ向かっていくのか。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 08:15:23 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/37-fed79244
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。