== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

古い骨

アーロン・エルキンズ
ハヤカワ・ミステリ文庫
★★★☆



風光明媚な北フランスのモン・サン・ミシェルで発見された“古い骨”の秘密とは?

【あらすじ】
北フランスに館をかまえる老富豪が、親族を呼び寄せた矢先に不慮の死を遂げた。
数日後、館の地下室から第二次大戦中のものと思われる人骨の一部が発見される。
フランスを訪問中だった形質人類学者ギデオン・オリヴァーは、
警察に依頼され人骨を調べ始めるが、続いて親族の一人が毒殺された!
骨から難事件を解決に導くスケルトン探偵ギデオン・オリヴァーの活躍を描く
アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作品。

【読みどころとポイント】
本書はスケルトン探偵と称される「ギデオン・オリヴァー」シリーズの3作目。
既に多くの人に読まれている作品だが私は初読。

ギデオンは形質人類学者で、骨から年齢、性別はもとより
職業や生前の生活まで推論してしまう特技の持ち主。
白骨死体を科学的に分析し僅かな手がかりから難事件を解決に導く。
世界中の警察が“スケルトン探偵”と呼ぶほどの存在だ。

風光明媚な北フランスのモン・サン・ミシェル湾で
満ち潮と流砂に巻き込まれ一人の老人が溺死するショッキングなシーンから
この物語は幕をあける。まずは上々のすべり出し。

老人は北フランスに館をかまえる長老で、
各地に別々に住んでいる親族を呼びよせた矢先の出来事だった。
一方、老人の数日後館の地下室から
第二次大戦中のものと思われる“古い骨”が発見される。

ひとつの館に集まった親族が遺産相続と犯罪に巻き込まれていく設定は
ミステリの古典的なパターンだが、白骨の科学的分析による推理や
随所に織り込まれる北フランスの風光明媚な描写など
けっして古さを感じさせない仕上がりになっている。

ギデオンは骨の分析は得意だが
探偵としては素人という雰囲気を残しているのもいい。
お互いのミスを指摘し合うFBI捜査官ジョン・ロウとのやりとりも楽しい。
ギデオンには最愛の妻がいて遠方から彼に良きアドバイスを授ける。
仲睦まじい夫婦コンビの推理もほほえましい。

物語中盤まではプロットがやや平板で退屈だが
後半真相が見えてくるにつれてリズムが生まれ
ハラハラするアクションシーンも用意されている。

ミステリに精通した読者なら
作者の用意した謎のひとつは見破れると思うが
真相をすべて解明できるかはわからない。

古典的な本格推理に現代的な科学捜査をプラスし、
トラベルミステリーとしての楽しさをちりばめた本書は
ギデオン・オリヴァーの個性的な存在とあいまって
幅広い読者の共感を生んでいることは間違いなさそうだ。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/41-956e3541
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。