== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

告 白

湊かなえ
双葉社
★★★★



告白形式でつづられる現代社会における人間の心の闇

【あらすじ】
愛美は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです。
終業式のホームルームで衝撃の告白をする女性教師。
校内で愛娘を亡くした教師がクラス全員の前で犯人を告発し
やがて物語は様々な人物の告白という形式を通して
人間の深い心の闇を浮き彫りにしていく。
第29回小説推理新人賞受賞作。


【読みどころとポイント】
買ってあったのに、ずっと放置したままで。
映画化もされたベストセラー、やっと読んだ。
評判通り、なかなかの慟哭の書であった。

冒頭からイヤ~な雰囲気たっぷり。
生徒たちを前に淡々と教師が告白する重苦しいシーンで幕を開ける本書は
以降も語り手を変えつつ全てが告白という形式でつづられる。

登場人物ひとりひとりの語りの中から
心のずっと奥の闇の部分が象徴的に浮かび上がり
現代社会が生み出した歪んだ人間性がぐっと読者の前に迫ってくるのだ。

とにかく“告白”という形式をとった事が大きく成功している。
章ごとに被害者、加害者、傍観者、というように語り手が変わるのだが
その人物が語っている間は、
その他の登場人物は直接語り手と対峙することを許されず
語り手のみの解釈によって人間性を定義されてしまう。

告白形式ゆえに個人の身勝手さが否応無くクローズアップされ
どの登場人物にも共感できないまま
結末までえんえんとつきあわされてしまう。
そしてこの衝撃の結末。ここまでやりますか。
告白だけで最後まで読者をひっぱる力量はなかなかのもの。

ただし難が無いわけではない。
告白という形式にあまりにもこだわりすぎ
視点を第三者にまで広げすぎたため
復讐譚という本筋が中盤で薄れ
終章とのつながりの悪さが目立ってしまった。
というよりむしろ
様々な人間たちの心の闇のスクランブルを
極めてパーソナルな復讐譚に落ち着かせてしまった点が残念。

それはさておき、登場人物たちの告白が
決して絵空事とは思えない現代社会の人間像。
本書を読んで、そこに改めて気づかされる時
今日の社会にやりきれない思いを抱いてしまうのは
私だけではないだろう。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 23:07:43 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

1~2章までで止めていれば好短編
詳細はトラックバックしましたので『告白』の感想を読んでいただきたいのですが、あとを続け過ぎてどんどん作り物めいた感じになっていくのが残念でした。
「書きすぎ」「こねくりまわし過ぎ」だと思いました。1~2章はすばらしい出来だ、と思うのですが…。
ディックさんへ
このところバタバタでコメントバック、更新ともに遅れています。すみません。
もともと本書は長編にするつもりはなかったのかもしれませんね。全体の雰囲気づくりは上手いと思います。





        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/47-9016ab50
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。