== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

生物と無生物のあいだ

福岡 伸一
講談社現代新書
★★★☆



生命システムを分子生物学の観点からひもといたエッセイ

理系のこの手の本はさほど読む事は無かったのだが
帯ラベルで様々な著名人が絶賛していたので手にとってしまった次第。

「生物と無生物のあいだ」なんていうタイトルから
何やら哲学的な世界を想像してしまう読者も多いと思うが
内容はDNAや二重螺旋構造の解明に奔走した研究者たちの様子と
作者自身の追想録的内容が大半を占めている。

「生命とは自己複製を行うシステムである」という定義に対して
さらに「生命とは動的平衡である」ともうひとつの見方を提示する。
時間の経過とともに分子が絶えず入れ替わり不要なものは排出されていくも
ある秩序に基づき常に個体としての均衡を維持し続けるというのだ。

ここが筆者の論じたいテーマであって、
その主題にいたるまでにDNAや二重螺旋解明の道が延々と語られるわけだ。
そうしたエピソードひとつひとつは興味深いものの
研究者たちの競い合いや筆者の大学時代の追想といった
DNA研究の内幕的お話が多くて全体として構成のまとまりに欠けている。

だだ、こうした本を読むと生命システムの不思議さに改めて驚いてしまう。
こうした秩序ある増殖と喪失が絶えず繰り返されながら
生物は生物たる存在を確固たるものにしているわけで
そこには何か理屈だけでは説明し難い深遠な世界が広がっているように思うのだ。

本書を読んで遺伝子系や生命の不思議について興味を持ったので
他の本にもトライしてみようと思う。

最後に、理系の学者が書く文章は読み物として読みづらい、もしくは
読んでいて何だかさっぱりわからない、といった風評が多いようで
ちょっと文学的な叙述や初学者にもわかりやすい見立て話などが用いられると
大仰に文章が上手いと賛辞を贈る傾向があるようだ。

本書も多くの読者からその文章表現において絶賛を得ているのだが
ちょっと騒ぎ過ぎとも思える。
サイエンスそのものが知的冒険なのだから
一般の科学書の叙述にももっと読み物としての冒険があって良いと思うのだ。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:3 ━ Trackback:0 ━ 21:35:35 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

福岡伸一さんのファンが増えるのは嬉しいです
この本は発売と同時に読みましたが、その後あっという間にベストセラーになりました。
叙述が上手なのは確かですが、自分なりの考え方・ポイントの提示が上手いです。
本書の中でシュレディンガーの書が提示されていますが、生物学の最先端と同時に、物理学の最先端への注目も大切だと思います。
最近はSFの読書にも傾注されているパンコランさんですが、最先端科学の世界はSFそのもので、知的冒険が待ちかまえています。
科学書を(楽しみに)読む仲間が増えるととても嬉しく思います。期待しております。
ディックさんへ
さすがディックさん。既に読まれていたんですね。巷にはたくさんの科学書があふれていてどの辺りから手をつけて良いのやら。あまり気にせず目にとまったものを読んでいこうと思ってます。これからもディックさんの本棚を参考にさせていただきます。
自然科学の入門書
ぼくの入門書は「アインシュタインTV」というフジテレビ編集の4冊本でした。当時の現代科学の最先端を宇宙論からから進化論まで解説した、項目ごとの読み切り本です。
それを読んでから、「まず相対性理論だ」と思って各論へ入っていきました。
傾向として、「科学史」ふうに、「なぜこういう理屈が言い出されたか」という書き方の解説書は、比較的理解しやすいです。





        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/51-052fe447
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。