== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

子供の眼

リチャード・ノース・パタースン
新潮文庫
★★★★★☆



傷ついた者たちが“家族の愛”を守るために戦う迫真の法廷劇。

【あらすじ】
辣腕弁護士クリスのもとではたらくテリーザの夫リッチーが謎の死をとげた。
テリーザとリッチーの関係は既に冷えきっており
離婚と娘の監護権をめぐって争いを続けている最中の死だった。
その後事件当日の目撃証人が現れ、クリスが逮捕される。
既にクリスと恋仲だったテリーザは愕然とする。
はたしてこれは自殺か、それとも他殺か?そして犯人は?
真相をめぐって息詰る法廷戦が繰り広げられる。

【読みどころとポイント】
素晴らしい。どこから話をすれば良いのだろう…。
この法廷劇は単なる殺人事件の真相究明の争いではない。
これは愛する家族を守る者たちの戦いなのだ。

冒頭からリッチーが謎の侵入者に襲われる緊迫感あふれるシーンが展開。
この導入部は、その後の法廷戦を左右する非常に重要な場面だ。
一転、作者は邪悪な夫リッチーとの生活に疲れたテリーザと
彼女を暖かく癒すクリスの愛をじっくりと描く。
読者はいつの間にか二人の行方を自然に応援したくなる。

クリスはテリーザと息子のカーロを心から愛し
非のうちどころの無い誠実な人間として描かれ
とても殺人をするようには見えない。
ところが、読者には冒頭の侵入者とリッチーのやりとりが頭に離れず
事件後、クリス自身も不審な行動をすることから
クリス=殺人者の疑いをぬぐいきれないのだ。

テリーザとリッチーの幼い娘エレナは事件のショックで心を閉ざし
クリスの息子のカーロはエレナ虐待の容疑を負わされ
事件は子供たちを否応無く巻き込み
いつしか物語は家族を守る愛の戦いへと発展していくのだ。
このあたりの構成や展開は非常にうまく
読者はこの物語の結末を知りたくて頁をめくる手を止められない。

テリーザとクリスの不遇な幼少時代や
双方の家族の悲劇的な背景を丁寧に織り込みながら
ひとりひとりの人間像をぐっと浮き彫りにする事で
物語に深みを与え重厚な人間ドラマをつくりあげている。

危機的な状況に陥ったクリスを弁護する
女性弁護士キャロラインの胸のすくような法廷合戦も見事。
検察側との緻密な頭脳戦はまさに“息詰る攻防戦”という形容詞がふさわしい。

そして、すべての真相が解明された後に残されたもうひとつの命題。
傷ついた者たちは、はたして家族の愛を取り戻せるのか。
幼いエリナとカーロに幸せはふたたび訪れるのか。
それは本書を読んでみなさんの眼で確かめていただきたい。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:4 ━ Trackback:1 ━ 23:13:39 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

リチャード・N・パタースン
パタースンは、今まで読んだ中で、
はずれなしのすごい作家です。
本書も、読みました。(細部は忘れちゃったけど) それに、いつも思うことですが、普通の小説としても、かなり
レベルが高いです。
indi-bookさんへ
パタースンはこれしか読んだことがありませんが、リーガルサスペンスとしてだけでなく、家族をめぐる人間ドラマがしっかり書けている点が素晴らしいと思います。
おかげさまで…
またまたこちらから選んで楽しませていただきました。
ラストはまあ、予想したとおりでしたが、小説として細部までよく描けていて、さらに米国の司法制度のこともよくわかり、興味津々でした。
ディックさんへ
お久しぶりです。このところコンスタントにアップできていませんが、お立ち寄りいただき恐縮です。
なかなかパタースン良いでしょう。
あと2作、本棚に積んであります。
そのうちアップします。





        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/61-45a75b21
子供の眼(上・下) /リチャード・リース・パタースン
子供の眼  テリーザ・ベラルタ(三十歳の女性弁護士、ヒスパニック)は離婚訴訟中の夫とのあいだに六歳のひとり娘エリナがいる。夫リカード・エイリアスは結婚当初からまじめに働 ...
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。