== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

オレたちバブル入行組

池井戸 潤
文春文庫
★★★★☆



理不尽な上司に正義の鉄槌を!中間管理職必読の痛快銀行マン小説。

【あらすじ】
大手銀行の東京中央銀行大阪西支店で融資課長をつとめる半沢は
支店長の強引な命令で、ある会社の融資を実行したが同社は倒産。
支店長の浅野はその責任をすべて半沢に押し付けようとする。
倒産した社長は雲隠れし、債権回収も絶望的な状況。
銀行上層部の執拗な責任追及が続く中
半沢は絶体絶命のピンチを脱することが出来るのか?


【読みどころとポイント】
まさに痛快!の一言に尽きるストーリー。
組織の理不尽な権力に屈する事無く
自分を陥れた者達に正義の制裁を下していく爽快な筋立て。
企業の組織の中で悶々とする中間管理職にはイチオシの小説だ!

バブル期に夢を描いて入行した者たちもいつの間にか中間管理職。
後のバブル崩壊により非常な現実に直面しつつ悶々とする行員たち。
出世レースも既に折り返し地点。課長の半沢もそんなひとりだ。

組織の中で上司にたてつくのはそう容易いことではない。
部下に責任をなすりつける上司、部下の手柄を独占する上司、
何もしない傍観者の上司、根っからの悪徳上司などなど、
みなさんの周りにもたっくさんいるよね。
しかし上司は選べない。
そんな上司の下についたらひたすら自分の運を呪うのみだ。

半沢が勤める大阪西支店の支店長もご多聞にもれず
責任転嫁と理不尽な権力をふりかざす典型的なサイテー上司。
その支店長は人事部とベッタリだから尚更始末に悪い。

上層部がよってたかって半沢を潰しにかかり
その執念深さと執拗なやり口にはホント閉口させられる。
怒りをぐっと押さえながら反撃のチャンスを伺う半沢の姿に
読者は俄然エールを送ってしまい頁を捲る手も徐々にスピードアップ。

後半に明かされる意外な真相とそれを巧みに使いながら
反撃の攻勢に転じる半沢の姿にやったー!行け~!って感じで
おもわず拳に力が入ってしまった。

銀行のしくみや内幕がとっても丁寧に解説されていて
この辺の知識に乏しい私のような読者でも難なくスラスラ読めて、
へーなるほど銀行ってそういう面もあるのか、と勉強にもなった。
会社でヘコんでる中間管理職の方は、ぜひご一読得を!
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:11:38 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/63-287e23b8
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。