== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

ヴィクトリア女王―大英帝国の“戦う女王”

君塚 直隆
中公新書
★★★★★



イギリスの黄金期を築いた“戦う女王”ヴィクトリアの生涯

【あらすじ】
イギリスで最も輝かしい時代をつくりあげたと言われる女王ヴィクトリア。
彼女は18歳で即位し64年間にわたり大英帝国の王位に君臨した。
「君臨すれども統治せず」の確立期と言われた時代だが
不安定な政党政治や混迷する議会を背景にヴィクトリアは積極的に政治に介入。
欧州各王室との血縁ネットワークを深め独自の外交を展開していく。
「太陽の沈まない帝国」と呼ばれたイギリスの黄金期を支えた女王の実像に迫る。

【読みどころとポイント】
イギリスは二度の革命を経て議会政治が確立した。
しかし議会政治が確立したとはいえ
女王の即位当時の政治は未だ不安定な時期。
国王の存在と政党政治は表裏一体の関係にあったのだ。
本書の前半では、そんな時代に即位した若き女王が
混迷する政治に苦悩しつつも凛とした采配と行動力で
イギリスの黄金時代を基礎を築いていく様子を知ることができる。

治世の後半では欧州諸国の工業化が進み各国の世界市場進出が激化。
諸国は互いに反目と連帯を繰り返しながら
領土拡大と植民地政策を虎視眈々と狙っている時代に突入する。

ヴィクトリア女王には夫アルバートとの間に9人の子どもがあり、
ヨーロッパ諸国の皇族と子どもたちの婚姻を通じて
王族ネットワークをつくりあげ幾度となく訪れる一触即発の危機を回避していく。

そして時には戦争も辞さない毅然とした決断と行動力で
大英帝国の裾野を世界中に広げて行くのだ。
その大胆にして繊細な外交力はまさにあっぱれ。
「ヨーロッパの祖母(ゴッドマザー)」と呼ばれたのも納得だ。

後にビクトリアが死去し、ドイツのビスマルクも失脚すると
徐々にヨーロッパは第一次世界大戦への道を歩んでいくことになるのだが
それを考えるとヴィクトリア女王の偉大さと
彼女の存在が当時の欧州諸国の均衡に深く関わっていたことに
改めて気づかされる次第である。

本書はまさに、まさに“戦う女王ビクトリア”の姿を
当時の激動のヨーロッパ情勢とともに活写した良書。
ビクトリア女王について学びたい人は
まず最初に手にとることをおすすめする。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 22:52:54 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

日本は明治時代…
「坂の上の雲」を読んでいる最中ですが、日本が日清、日露の両戦争を戦っている時代、イギリスはビクトリア女王の時代なのですね。日英同盟とか出てきますが、英国は政治は内閣がやっているから、女王はまったく話題に出てこない。議院内閣制が当時どの程度機能していたのか、やはりちょっと興味を惹かれます。

邦人作家の小説に、新書も加わって、バラエティに富んできましたね。自然体でいて、運営者の好みから自然にミステリが多くなる…、くらいでよいのではないでしょうか。
ディックさんへ
なかなかミステリだけというわけにはいかなくなりました(笑)
このところ仕事が多忙で読書量ががっくり落ちています。マイペースで行こうと思ってます。NHKで浅田次郎原作の「蒼穹の昴」がはじまっているので、原作を再読中です。テレビと原作の並走というのも興味が深まります。





        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/64-ad4ff574
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。