== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

謎解きはディナーのあとで

東川 篤哉
小学館
★★★



お嬢様新米警部と頭脳明晰な執事の掛け合いが楽しい連作ミステリ

【あらすじ】
主人公は複数の企業を傘下におさめる「宝生グループ」のお嬢様麗子。
新米警部の彼女は警察でその正体をひた隠し
出来のワルい上司にイライラをつのらせながらも現場を走り回る毎日。
しかし彼女の前には毎回のごとく難事件が立ちはだかりお手上げ状態。
麗子のお抱え運転手影山は、そんな麗子に暴言を吐きながら、
冷静な分析で事件の真相を鮮やかに推理していく。
お嬢様新米刑事と頭脳明晰な執事の掛け合いが楽しい話題の連作ミステリ。

【読みどころとポイント】
結構話題になっているようだったので興味本位で購入。
とにかくワガママで短気なお嬢様刑事麗子と、
鮮やかな推理を繰り広げる冷静沈着な執事影山の配役設定が大成功。
目を引く楽しいカバーデザインと『王様のブランチ』で紹介された事もあり
またたくまにベストセラーの仲間入りとなってしまった。

巷の読者レビューではけっこう酷評があったりするのだけれど
私はそんなに悪い作品とは思っていない。
確かに謎の設定はイージーだし重厚な人間ドラマも皆無、
各話どれも同じ構成なのでワンパターンと言えばそれまで。
本格的な推理小説や重厚なミステリを好む人には向かないかもしれない。

でもここはあまり堅苦しく考えずに
執事とお嬢様のやりとりを素直に楽しむという読み方がベストだ。

「失礼ながらお嬢様、この程度の真相がお判りにならないとは、
 お嬢様はアホで いらっしゃいますか」
「クビよ、クビ! 絶対にクビ! クビクビクビクビクビ…」
なんていう楽しい会話が毎回出て来ますから。

子どもの頃に読んだ「君も名探偵」的マンガのような筋立てで
最初にポン!と謎が提示されて、現場に不可解な点はあるのだけれど
警察の推理が行き詰まり、最後に名探偵が登場して鮮やかな推理を披露し一件落着!
そんなお決まりのなつかしさと、お嬢様&執事探偵の組み合わせで
これまでにないハイブリッド感を生み出した事がヒットの所以だ。

本作を酷評していた読者の方々も、
最後に執事の影山が明かす真相をはたしてどこまで推理出来ていただろうか。
これから読まれる方は、ぜひ最後の影山の種明かしの前に
お嬢様と一緒に楽しく謎解きに挑戦してみてくださいな!
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:13:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/78-211bd677
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。