== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内時代小説 ==

竜馬がゆく(後編)

司馬遼太郎
文春文庫
★★★★★☆




歴史の扉を未来へ押しあけた若者の生き様を描き切った不朽の名作。

【後半4巻のあらすじ】
池田屋ノ変、蛤御門ノ変と、京では志士たちの凄絶な闘いが繰り広げられる。
時勢は急展開を見せるかと思ったが、奮迅むなしく次々と倒れる同志たち。
竜馬の海軍塾も幕府の命で解散の憂き目にあい、壮大な夢も画餅に帰した。
倒幕運動もこれまでかと思われたが、竜馬の胸に起死回生の策が浮かぶ。
「薩長同盟」。この両藩が手をむすぶ意外に道は無い。
かくして日本の未来は一人の若者にたくされた。
歴史の扉を未来へ押しあけた男の生き様を描き切った不朽の名作。

【読みどころとポイント】
司馬遼太郎は竜馬だけが、その思想と行動において型破りだったと語る。

幕府支配下での藩の集合体でしかとらえられていなかった幕末において
日本国という国家としてのあり方に目を向け、
巨視的な視点で国をひとつにまとめんと奔走する竜馬。

歴史の教科書ではさらりと書かれている「薩長同盟」や「大政奉還」に
かくも多くの人々の奮闘と熱いドラマがあったことに
あらためて驚嘆せざるをえない。

多くの志士たちが武力によって幕府打倒を目指す中、
竜馬は冷静に情勢を分析し、薩長同盟という奇跡を起こし
大政奉還という奇策によって歴史の未来を押しあけた。

司馬さんは最後にこう語る。「天に意思がある、としか思えない」と。
動乱の幕末における竜馬の存在、まさにそれは奇跡という他は無い。

竜馬のそのひたむきな姿と偉大なる業績を通して
我々は日本の歴史の重みと日本人である事の誇りを再認識できるのだ。

竜馬がゆくを読む事で、読者は日本人である事を自覚し
大きな歴史のうねりの中で奮迅した人々の熱い思いを通して
自分がこれから成すべき事は何かを模索する機会を与えてくれるのだ。

これからも多くの人々にずっと読み継いで欲しいと思う傑作。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:33:25 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/79-7899a1ed
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。