== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 海外歴史小説 ==

蒼穹の昴

浅田 次郎
講談社
★★★★★




清朝末期の人間模様をドラマチックに描いた歴史大作

【あらすじ】
清朝末期、貧村の農民の子として生まれた春児(チュンル)は
ある時、占い師にこう告げられた。
“汝は必ずや西太后の財宝をことごとく手中におさむるであろう…”
その予言を信じて宦官になろうと決心した春児だったが
清は迫り来る列強と腐敗した政治によって没落の一途をたどっていた。
瓦解していく清朝を舞台に繰り広げられる人間模様を克明に描いた歴史長編。

【読みどころとポイント】
NHKでドラマ化されたのを機に再読。ご存知浅田次郎のベストセラー。
冒頭では貧村で糞拾いをしながら生計を立てる少年春児が
不思議な占い師の老婆と出会い運命的な予言を告げられる。
自らの運命を信じて宦官になる事を決意し都に上る春児。

一方、同じ静海県出身で春児の兄貴分のような存在の梁文秀は、
どうしようもない不良息子ながら周囲の予想を裏切り
科挙に合格し進士となりやがて光緒帝に仕える事に。

この二人を軸に物語が展開するのかと思いきや
そんな簡単なストーリーとはほど遠い展開。
清朝末期のオールスターが次から次へと登場する
壮大な歴史絵巻が繰り広げられるのだ。

衰退する清朝に自暴自棄になりながら
政権に固執する孤独な女帝、西太后。
迫り来る列強との外交に奔走する将軍、李鴻章。
西太后の心を巧みに操りながら政権に触手をのばす栄禄。
光緒帝を擁して変法運動に身を捧げる康有為。

とにかく登場人物ひとりひとりがよく立っている。
うますぎる語り口と筆運び。憎らしくなるくらいの書きっぷりなのだ。

少年春児の“わらしべ長者”的安易な展開に陥らず
清朝末期の動乱と混乱をめぐる様々な人間ドラマを
まさにドラマチックに描き出した骨太な歴史小説。
やはり、一度は読んでおくべし。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:30:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/80-d9662455
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。