== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

惜別の賦

ロバート・ゴダード
創元推理文庫
★★★★☆



大伯父殺害の過去をめぐって繰り広げられる一族の愛と悔恨のドラマ

【あらすじ】
姪の結婚披露宴に、突如少年時代の親友が闖入してきた。
彼は三十四年前にわたしの大伯父を殺した罪で
絞首刑になった男の息子ニッキーだった。
父親の無罪を必死に訴えるニッキーは
失意のうちに翌朝自殺をとげる。
罪悪感にさいなまれるわたしは
大伯父殺害の真相を追って過去をさかのぼる旅に出る。
稀代のストーリーテラー、ロバート・ゴダードが紡ぎだす逸品。

【読みどころとポイント】
ゴダードの物語のパターンのひとつに
巻き込まれ型サスペンスがあり
主人公がわけのわからない謎に振り回されながら
物語の謎が徐々に明らかになっていくものがある。

これはこれで読んでいる時は面白いのだが
主人公の明快な行動規範に乏しいため
読後のカタルシスや感動が意外に少ないのも事実。

今回は主人公が親友の自殺に対する自責の念にかられ
主体的に過去の殺人事件の謎を追うミステリ色の濃い作品だ。
過去を覆い隠そうとする一族の中で唯一
自らの責務で行動を起こす主人公クリスに
読者が共感し感情移入しやすい作品となっている。

過去の殺人の謎を追うと一口に言ってもそこはゴダード。
実に真相が入り組んでいてややこしい。

家族の歪んだ愛が悲劇を生み
嘘を覆い隠すための嘘が新たな犠牲者を作り出す。
過去の事件を遡る旅は一族の忌まわしい歴史をたどる旅でもあったのだ。

派手なアクションは無いが、複雑に入り組んだプロットと
謎が謎を呼ぶストーリーテリングはさすがゴダード。
いやはや、やはり最高に面白い。

あえて若干課題をあげるなら
クリスとニッキーの少年時代の交情を
具体的なエピソードをまじえてもっと書き込んでおけば
真相究明への行動に対する説得力や
読後の余韻がぐっと高まったとも思える。

それにしてもやはりゴダードはいい。
近年の作品がかつてのパワーを失いつつあるのは寂しいが
初期から中期にかけての作品は、一度は目を通していただきたい。




スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:44:11 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/82-59666020
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。