== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 現代ミステリ ==

大穴

ディック・フランシス
ハヤカワ・ミステリ文庫
★★★★



元チャンピオンジョッキー、シッド・ハレーの再生を描くシリーズ代表作!

【あらすじ】
レース中の落馬事故で腕を負傷し騎手生命を絶たれた
元チャンピオンジョッキーのシッド・ハレー。
その後、ラドナー探偵社の調査員として無気力な日々を送っていたが
事務所に侵入したチンピラに撃たれて病院送りとなってしまった。
何とか回復を果たしたシッドだったが、
その後競馬界に巣食う陰謀に巻き込まれることに。
夢も栄光も愛もすべてを失ったシッドが過去の弱さを断ち切り
悪に敢然と立ち向かっていくフランシス作品の代表作。

【読みどころとポイント】
久しぶりに再読したのだが驚いた事に内容はすっかり忘れており
新鮮な気持ちで読む事ができて逆に嬉しかった。

ディック・フランシスの作品では基本的に1作ごとに主人公が変わるのだが
本作の主役シッド・ハレーは以降の作品で何度か再登場を果たす。
フランシスファンにとってはお馴染みのキャラクターだ。

過去にチャンピオンジョッキーにまでなったシッドだったが
過去の落馬事故で左手をズタズタに引き裂かれ引退を余儀なくされた。
競馬がすべてだったシッドは妻にも愛想を尽かされ
ラドナー探偵社で無気力な毎日を送る日々。

本作はそんな屍同然となっているシッドが
強盗の銃弾を浴びるというショッキングなシーンで幕をあける。
栄光も愛も希望も失ったそんなシッドに降りかかった災難。

何とか回復を果たしたシッドは義理父チャールズの元に身を寄せたが
そこで競馬場買収にからむ犯罪の匂いを感じとった。
ラドナーの指示にとまどいつつ調査に乗り出すシッドだったが
真相は思いのほか深くシッドの身にも危険が迫って来た。

本書の読みどころは全てを失ったシッドが
ある事件をきっかけに立ち直っていく様子を描いた再生の物語にある。
フランシスの書く主人公たちはけっして屈強なスーパーマンではなく
紳士で自尊心が強いものの普通の生活人たちなのだ。

後半には犯人一味とのハラハラドキドキのチェイスが繰り広げられ
圧倒的なピンチに陥いりどん底の恐怖を味わったシッドが
やがて自分の弱さを乗り越えて敵を倒す爽快感がたまらない。

脇を固めるキャラクターの個性も豊かで
義理の父チャールズとの大人の会話も実に味わい深い。
その後、「利腕」「敵手」…とシッドの活躍は続いていく。
ディック・フランシス作品は全作読まれる事をおすすめしたい。



スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 21:29:07 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

親子共作も気に入っています
フェリックスとの共作もとても気に入っているのですが、息子は単独で書いてはくれないのでしょうかね。
ディック・フランシスの名前がなければダメなのかなあ。

シッド・ハレーの『再起』は読まれましたか? 携帯電話にインターネットを駆使しています(笑)
ディックさんへ
実は恥ずかしながら『再起』は未読で、それを読むために『大穴』から読み返しているのです。この後、『利腕』→『敵手』→『再起』です。
あ、もちろん買ってありますよ。
息子単独で書いたらiphoneでも出てくるのかなあ(笑)





        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/89-3bb96f37
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。