== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== サスペンス ==

暗闇へのワルツ

ウィリアム・アイリッシュ
ハヤカワ・ミステリ文庫
★★★★



サスペンスの巨匠が書いた甘美なムード漂う転落へのワルツ

【あらすじ】
商社を経営するルイス・デユランドの心は浮き立っていた。
通信交際会を通じて知り合ったジュリアという女性と
幾度かの文通を経て結婚することになったのだ。
初めて会う花嫁を乗せた船を港で待っていたデュランドだったが
港に降り立ったジュリアは写真とは全くの別人で
ずっと若々しく誰もが振り返るほどの美女だった。
サスペンスの巨匠が書いたムーディーな「暗闇へのワルツ」


【読みどころとポイント】
全編に漂う甘美なムードとサスペンス。
ウィリアム・アイリッシュの手腕が見事に発揮された作品。

叔母の写真を送っていたというジュリアの言葉を信じ
結婚に踏み切ったデュランドだったが
それはまさに転落へのワルツのはじまりだった。

狂おしいほどに愛らしいジュリアとの結婚で
私生活でも薔薇色の人生を手にしたデュランドだったが
日が経つにつれジュリアの不可解な行動が目につくようになる。

何となく不自然さを感じるデュランドだったが
とどまることのないジュリアへの想いが彼を盲目にし
逃れる事の出来ない甘い罠へとはまっていく。

うまい。実にうまい。
甘美なワルツに垣間見える強烈なサスペンス。
悪女ジュリアはどこまでも美しく妖しく可愛い。

全編に漂うアイリッシュの華麗でムーディーな演出が
転落する男の悲劇をより一層際立たせ
サスペンスを強烈なものにしている。

物語の中盤にさしかかるところで
デュランドはジュリアの正体に気づくのだが
相手が悪女とわかった後でも、
自分が騙されていると知っても
デュランドは彼女につくしてしまうのだ。

いったん本書を読み始めたら
誰もがアイリッシュの華麗な罠に落ちていくだろう。
暗闇へのワルツが果たしてどのような結末を迎えるのか。
今宵は甘美で妖しい悪女の心地よさに酔って欲しい。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 23:09:23 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

たくさん読みました
アイリッシュ、ずいぶんたくさん読んだことは確かですが、みんな忘れてしまった。当時からPCがあって、自分で感想を残していれば思い出すこともできるのでしょうが…。

10月1日~6日に奈良へ旅行しました。その旅行記を「ディックの花通信」に連載中で、そちらに集中して「本棚」の管理が停滞しています。ごめんなさい。

10月は誉田哲也の『ジウ』3冊、同じ誉田哲也の『国境事変』が収穫でした。
ディックさんへ
古典に入る部類ですが、久しぶりにアイリッシュのムードに酔いました。
花通信はときどき見させていただいてます。
誉田哲也さんは何度か買おうと手に取っては、買わずにいます。
やっぱり読まなきゃですね。





        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/90-954dd2b2
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。