== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ミステリ古典 ==

ペニーフット・ホテル受難の日

ケイト・キングズバリー
創元推理文庫
★★★★



イギリス沿岸のホテルで起きた事件をめぐる人間模様を描いた人気シリーズ

【あらすじ】
1906年、時はエドワード王朝時代。
イギリス南東部沿岸の田舎町に建つペニーフット・ホテルで
宿泊客の女性が遺体で発見された。
遺体の状況から屋上から墜落したと思われたが
不審な点に気づいたホテルの女主人セシリーは
持ち前の行動力を発揮し、忠実な支配人のバクスターとともに
不可解な事件の真相究明に乗り出す。
優雅なホテルを舞台に繰り広げられる難事件と
紳士淑女の人間模様を描くベテラン女流作家の人気シリーズ第1弾。

【読みどころとポイント】
1993年にスタートした本シリーズは既に12作以上を超す人気の長寿シリーズ。
舞台となるペニーフット・ホテルは上流階級に人気の快適な宿だ。
本シリーズの読みどころは何と言っても個性派ぞろいの登場人物たちと
事件をめぐって繰り広げられる多彩な人間模様である。

女主人のセシリー・シンクレアは半年前に世を去った主人の遺志を継ぎ
持ち前の明るさと行動力でホテルを切り盛りする毎日。
時折、亡き夫のジェイムズを思い出し寂しさを感じる事もあるけれど
ホテルでの仕事は彼女にとって生きる証、元気の素なのだ。

そんな彼女にとって最も大切なペニーフット・ホテルで起きた事件。
簡単な捜査で事故と断定してしまう警察に不満を抱き
制止する支配人のバクスターを振り切って事件の真相究明に奔走する。

物語全体がゆったりとしたペースで暖かみのある語り口が心地よく
事件にも陰惨さがなく全編がほのぼのとした雰囲気たっぷりで
古きよきイギリスを満喫できるハートウォームなミステリ。
アガサ・クリスティのミス・マープルシリーズが好きな人には
おススメのシリーズと言えるだろう。

セシリーの事件の探求が物語の主軸であるが
ホテルで起こる日常の些細なトラブルやドタバタ劇も楽しい。
ホテルの奇抜な催事係を務める見栄っ張りのフィービー、
生意気でゴシップ好き、毒舌たっぷりのメイドのガーディ。
ホテルの常連客でちょっとおかしなところのあるフォーテスキュー大佐、
セシリーの片腕役としてセシリーに忠誠を尽くすバクスターなど、
彼らの織りなす人間ドラマが舞台劇を見ているようで愉快だ。

些細な手がかりを積み上げて難事件の真相を究明するプロットは
本格ミステリが好きな読者でも楽しめる内容。
宿泊客ひとりひとりに向けるセシリーの優しい洞察力が
事件究明のポイントになっている点も嬉しい。
ミステリ好きもそうでない人にもぜひ読んで欲しい作品だ。

スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:15:27 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/93-ad60897d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。