== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国内ミステリ ==

ストロベリーナイト

誉田哲也
光文社文庫
★★★☆



若き女性警部補姫川玲子が、凶悪な連続殺人に挑むシリーズ第一弾!

【あらすじ】
都内の公園でビニールシートに包まれた男性の他殺体が発見された。
死体には拷問を受けたような傷跡が無数にあった。
捜査一課の若き女性警部補姫川玲子は部下とともに捜査に乗り出すが
付近の溜池から同様の別の遺体が発見され事件は思わぬ展開を見せていく。
捜査の過程で浮かび上がった謎の言葉「ストロベリーナイト」とは?
姫川玲子の颯爽とした活躍を描くシリーズ第一弾。


【読みどころとポイント】
全体的にスピーディーでテンポが良くサクサクと物語は進む。
最初から殺人者の存在は読者に明かされており
犯罪に至る経緯もそれなりに書かれているので
警察がいつ真相にたどりつくのかを期待しながら読んでいく事になる。

この物語を成功させているのは何と言っても
主人公である女性警部補、通称「姫」こと姫川玲子のキャラクターだ。
学生時代のある事件をきっかけに刑事の道を志し
常に明るく前向きにひたむきに生きる彼女の行動はすがすがしい。

過去のトラウマを抱えながらも明るくポジティブな行動家の姫川と
それを温かな目で支える部下たちのチーム力も読みどころ。
若い姫川を立てながら盛りたてていく姫川班の面々は読んでいて気持ちがいい。

一方で題材となっている犯罪は極めて陰惨でグロテスクな描写も多く
この手の描写が生理的に嫌いな読者にはとてもおすすめ出来ない。
現代社会が抱える闇をストレートに犯罪のテーマに設定しただけに
読んでいて何とも不快な気分にならざるを得ない。

全体としてミステリとしての謎解きは弱いものの
警察小説としての面では捜査のプロセスが手際良く読者に開示され
緊迫感のあるストーリーが展開される“よく出来た警察小説”である。

本庁と所轄、公安などそれぞれの立場の人間の思惑がぶつかり
熾烈な捜査のしのぎ合いが展開されるのは昨今の警察小説同様だが
それだけにどこかで読んだような印象を持たれてしまうとも言える。

殺人者が犯罪に至る背景や心理描写の書き込み不足で説得力に欠ける点や
若き女性警部補の姫川をとりまく脇役がやや類型的な点など、
課題も多いがそれでも作者の誉田哲也は上手い書き手だと思う。
若い女性を主人公にした成長小説としてはとても良いと思うので
本シリーズは今後も読んでいきたいと思っている。
スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 21:26:25 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

なんとなく書きにくいけれど…
ぼくはこの「ストロベリーナイト」がどうも気に入らなくて、警察小説はこんな「受け狙い」であるべきではないという思いが強く、誉田哲也さんの小説はもう読まない、というくらいでした。佐々木譲さんの小説が警察小説だとすれば、「警察ごっこ」小説みたいな感じがしてなりません。バンコランさんも、本稿の終わりのほうで、結局そこを弱点として書かれているように思います。
ところが「武士道シクスティーン」などのシリーズがあまりにおもしろくて、これがこの著者の本領か、と著者の実力を見直したのでした。
「ジウ」でまた、誉田さんの警察小説を読み始めましたけど…。
ディックさんへ
陰湿な犯罪内容の割には全体的に軽快なノリのストーリー。ややリアリティに欠ける新米くささの抜けない女性警部補。カン捜査偏重の若干ご都合主義なプロット等々。何となく1時間のTVドラマ向きな小説ですね。1作しか読んでいないのでえらそうな事は言えませんが、今時の読者にウケる書き方を心得ている作家さんだと思います。この書き方がハマる題材の場合はスマッシュヒットとなるでしょうね。「武士道シックスティーン」も買ってあるので、今後も読んでみてまた感想を述べたいと思います。





        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/95-cf8078f6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。