== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== マンガ ==

ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~

少年チャンピオン・コミックス・エクストラ
宮崎 克(原著)、吉本浩二(イラスト)
秋田書店

★★★★★




漫画にかける手塚治虫と彼をとりまく編集者たちの熱き戦いのドラマ。

【あらすじ】
不朽の名作ブラックジャックはいかにして誕生したのか?
手塚治虫の漫画はいかにして作られていたのか?
彼を支えた編集者たちの漫画にかけた情熱とは?
漫画の神様の制作現場には想像を絶する格闘のドラマがあった。
”手塚治虫の創作の現場を関係者の証言で再現する魂のノンフィクション!

【読みどころとポイント】
私がブラックジャックにハマったのは小学校6年生の頃だったと思うが
わずか数十ページの中に凝縮された濃密な人間ドラマに
子どもながら圧倒されて夢中で読みふけったものだ。

本書はブラックジャック創作秘話というタイトルになっているが
内容的には手塚治虫と彼をとりまく編集者たちの
壮絶な漫画制作の舞台裏を追った熱きドキュメントである。

鉄腕アトムやジャングル大帝で大ヒットをとばした手塚治虫は
1,960年代後半になると劇画漫画が台頭するようになり、
スランプ状態に陥りアニメ事業の多額な負債も抱え虫プロは倒産。

「もう手塚は終わった」と世間も噂するようになる。
そこに名物編集長、カベさんこと「壁村耐三」が少年チャンピオンの編集長に就任し
手塚治虫に連載をもちかけ、彼は見事ブラックジャックで奇跡の復活を果たす。

このカベさんというのが実にヤクザな編集長で
担当編集者に「手塚の原稿とれなかったらぶっ殺す」と脅し
漫画家に対しても脅迫まがいの事を繰り返す鬼のような男なのだ。
それだけに手塚の編集担当者も必死だ。
本書を読むとマンガというメディアが
いかに漫画家と編集者の二人三脚で成り立っているかというのが実感できる。

手塚治虫の作品作りにかける情熱はすさまじく妥協を許さない性格ゆえ
締め切りを守らないのは日常茶飯事。
たくさんの連載を抱え各社の編集担当者が原稿回収にシノギを削る。
そんな中で自分の担当原稿を一番に仕上げてもらうのに誰もが必死なのだ。

手塚治虫は常に3~4本のアイデアを考え
その中から編集担当者に一本に絞ってもらっていたそうだ。
手塚治虫渾身のストーリーだけに選ぶ方も真剣勝負。
いいかげんな態度や妥協は許されない。

途中、漫画の神様と言われている手塚治虫が
疲労困憊になりぼろ雑巾の様に床で眠るシーンが出て来る。
手塚の原稿遅れにキレた編集担当者が事務所の壁を壊す場面も出て来る。
これが神様の創作の舞台裏。まさに魂のぶつかり合い。命がけの格闘技なのだ。

本書の漫画のタッチはお世辞にも上手い絵ではないのだが
貪るように漫画と格闘する手塚治虫の鬼気迫る表情や
漫画にかける彼の熱い想いを迫真の描写で再現していると思う。

手塚治虫はスゴかった。そしてそれを影で支えた男たちもまたスゴかった。
今日のマンガがあるのはこうした人々の
血のにじむような格闘の日々があったからにほかならない。

スポンサーサイト

┃ テーマ:ブックレビュー ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 22:00:13 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

マンガ家の生活は厳しい
へぇ、すごい秘話ですね。
中学の頃、石森正太郎さんの家を訪ねたことがあります。マンガ家生活ってたいへんなんだなあ、と思いました。
話は変わりますが、暮れに熱海の某社保養所へ行ったら、休憩室に名探偵コナンが1巻から揃っていまして、時間の都合で4巻と半分しか読めなかったのがなんとも残念(笑)。あれはおもしろいですねぇ。
今年も当ブログに期待しております。よろしくお願いいたします。
ディックさんへ
中学の頃、石森章太郎さんのお家を訪問とは、
それこそスゴイ秘話ですね。びっくりです。
そうそう、名探偵コナンって意外に床屋さんとか
お医者さんの待ち合いとかにも置いてあるんですよね。
ストーリーもあなどれません(笑)
という訳で今年もよろしくお願いします。





        
 

== Trackback ==

http://bencolin.blog9.fc2.com/tb.php/98-9f350afe
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。